edit

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII #02

『片翼 -モンスター-』
ウィーネのことを調べるためにベルたちはダンジョンへ。
ただ、何人かはウィーネとともに残る必要があるため戦力が足りない。
そこで頼ったのはリューだったが、彼女はすぐに引き受けてはくれなかった。
いいように使いすぎだわな。
話そうともしなかったし。
ただ、アイシャが来たことで戦力がより強化されることに。

リューがベルには決まった相手がいるという話でシルが喜んでましたねぇw

ダンジョンでは問題も。
ベルが普通のモンスター相手にも躊躇してしまうように。
モンスターにも自分たちと同じ感情があるのだと考えてしまうとどうしようもなくなるわな。
どうしていくのやら。
割り切れるのだろうか。

ウィーネと出会った場所付近まではリューたちは連れて行かずベルとヴェルフだけが向かった。
けれど、そこでは新たにウィーネと同じようなモンスターと出会うことになる。
彼女はウィーネよりも大分と事情を知っているようですね。
その上でベルたちが自分たちが待ち望んでいた相手なのかもしれない、とも。
彼女らには何者かからの情報が回ってるみたいですね。

その一方でイケロス・ファミリアはベルの当たりをつけることに。
タイミングが悪かったですねぇ。
余裕が全く無いですね。

イケロスは嘘を見破れるらしく危うかったわけですが、
そこはヘルメスがフォローをしたりも。
あれは間に合ったのかな?

イケロスとヘルメスは旧知の仲のようですが、イケロスは昔から悪さをしていたみたい?
今回はファミリアの連中が勝手にしていることで自分は関係がないと言い張っていますけども、
それは無理があるだろうてねぇ。

ヴェルフから話を聞いたリリはウィーネをそばに置くことを反対した。
それを聞いてしまったウィーネは飛び出してしまうが、
荷物に下敷きになりそうになった女の子を助けたことでバレてしまう。
直接助けられたとしても女の子は怯えるのな。
ウィーネがしたと勘違いしたのかもしれないけど。
モンスターに対する考え方をベルのようには誰もがすぐに切り替えられるわけじゃないわな。

飛び出そうとしたベルに代わってリリが姿を変えてウィーネを救い出し、かつてのホームへ。
けれど、ベルもウィーネをどうすべきか答えを出せなかった。

ベル・クラネル:松岡禎丞
ヘスティア:水瀬いのり
リリルカ・アーデ:内田真礼
ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正
ヤマト・命:赤﨑千夏
サンジョウノ・春姫:千菅春香
リュー・リオン:早見沙織
アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織
ウィーネ:日高里菜
リド:水中雅章
レイ:高田憂希
グロス:稲田徹
フィア:石見舞菜香
ラーニェ:小松奈生子
フォー:前田弘喜
レット:竹田海渡
アルル:風間万裕子
ヘルガ:清水彩香
ラウラ:浜崎奈々
イケロス:福島潤
ディックス・ペルディクス:浪川大輔
グラン:綿貫竜之介
ヘルメス:斉藤壮馬
アスフィ・アル・アンドロメダ:茅野愛衣
ロキ:久保ユリカ
フィン・ディムナ:田村睦心
フレイヤ:日笠陽子
オッタル:小柳良寛
ガネーシャ:土田大
ウラノス:大川透
フェルズ:小松未可子
エイナ・チュール:戸松遥
シル・フローヴァ:石上静香
アイシャ・ベルカ:渡辺明乃

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.