edit

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII #01

『竜の少女 -ウィーネ-』
19階層の攻略中にベルが出会ったのは喋るモンスターだった。
人とモンスターは決して相容れない存在。
けれど、ベルは自然と彼女を守る道を選んだ。

リリたちはもちろん反対したものの、
ベルは情報を得るためにもヘスティアのもとに連れ戻ることを選ぶ。
が、ヘスティアも何も知らないことだった。
そこからは情報を集めて回るが、ベルが考えた精霊の名前を短縮して名付けられた
ウィーネはベルとハルヒメとの会話の中で拙かった話し方はどんどん達者に。
けれど、そこはモンスター。
長い爪がベルの皮膚を引き裂いてしまうことにも。
それでもベルは彼女の手を離さなかった。

ヴェルフが情報を探っている中で出回っていたものとしては、
通常のモンスターとは違う武装したモンスターの出現。
これも繋がりがあるということなのでしょうね。

一方でリリが探っていた中で同じく情報を集めていた存在も。
彼女はヘルメスのところの人だったようですね。
そのヘルメスはウラノスからの依頼で情報を集めていたようですが、
イケロス・ファミリアとは対立しているようですが、ベルたちとは対立する関係になるのかな?
ただ、ウラノスは喋るモンスターの存在を知っているみたいですね。
その上でベルが出会ったことがモンスター側にとって良い方向に転がることを望んでいるみたい?
彼らは一体何者なのかな。

ベル・クラネル:松岡禎丞
ヘスティア:水瀬いのり
リリルカ・アーデ:内田真礼
ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正
ヤマト・命:赤﨑千夏
サンジョウノ・春姫:千菅春香
リュー・リオン:早見沙織
アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織
ウィーネ:日高里菜
リド:水中雅章
レイ:高田憂希
グロス:稲田徹
フィア:石見舞菜香
ラーニェ:小松奈生子
フォー:前田弘喜
レット:竹田海渡
アルル:風間万裕子
ヘルガ:清水彩香
ラウラ:浜崎奈々
イケロス:福島潤
ディックス・ペルディクス:浪川大輔
グラン:綿貫竜之介
ヘルメス:斉藤壮馬
アスフィ・アル・アンドロメダ:茅野愛衣
ロキ:久保ユリカ
フィン・ディムナ:田村睦心
フレイヤ:日笠陽子
オッタル:小柳良寛
ガネーシャ:土田大
ウラノス:大川透
フェルズ:小松未可子
エイナ・チュール:戸松遥
シル・フローヴァ:石上静香
アイシャ・ベルカ:渡辺明乃

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.