edit

SUITS season 2/スーツ 2 #12

『若手社長の裏切り』
クライアントが離れる中でわかったアソシエイトの引き抜き。
蟹江との関わりが深い優秀な人が引き抜かれていると知り、
甲斐は蟹江との関係を終わらせた。

ただ、蟹江は最後までファームのためを考えていた。
上杉についていたのもファームのことを考えてのことだった。
けれど、上杉が間違っていたのであれば話は違い、
もう一度本当にファームのためになるように働こうとした。
幸村は自分の過去の経験から蟹江にリハビリをさせようとしたが、
甲斐がそれを許さなかった。

名選手が名監督になるわけじゃない。
自分がシニアパートナーに選んだ五人に間違いはなかった。
けれど、甲斐が自分の下につけるために選んだ人間は問題を抱えた者たちばかり。
それでは今すぐに名前を並べられるわけがない。

幸村と甲斐の考え方の違い。
蟹江を連れ戻すことにした、ということは自分の間違いを認めた、
ってことなのかな。
それとも今後のために仕方なくしたことだったのか。
仕方なくではなかったと思いたいなぁ。
蟹江の背中が嬉しそうだったもんなぁ。

鈴木はやらかした結果が返ってきたりはしましたが、自業自得だから当然の結果。
その一方で蟹江と協力してファームのために働き、
職を失った八木田に新しい職場を紹介した。
甲斐にもらったものを返すために。
ただまぁ、聖澤との関係は修復不可能なわけですが諦めないのかな?

甲斐正午:織田裕二
鈴木大輔:中島裕翔
聖澤真琴:新木優子
玉井伽耶子:中村アン
蟹江貢:小手伸也
上杉一志:吉田鋼太郎
幸村チカ:鈴木保奈美

トラックバック

TB*URL

SUITS/スーツ2 (第12話・2020/9/28) 感想

フジテレビ系・月9『SUITS/スーツ2』(公式) 第12話『若手社長の裏切り』の感想。 上杉(吉田鋼太郎)の一件が外部に広まり、甲斐(織田裕二)はIT企業社長・五十嵐から内輪もめを指摘された上、契約見直しを考えていると告げられる。一方、大輔(中島裕翔)には、元同僚の松井から引き抜き話が。因縁のある同業の副島(清水ミチコ)が、チカ(鈴木保奈美)の下から優秀な人材と顧客を奪おうとしてい...

SUITS/スーツ2 第12話

甲斐(織田裕二)たちの法律事務所の内紛はチカ(鈴木保奈美)の勝利に終わりましたが、お家騒動のことは外部にも知れ渡っていました。 それを不安視するクライアントの中には、顧問契約を見直す動きが起き始めます。 甲斐は動画配信サービス・ネットフィルム社長・五十嵐(粗品)から、進めていた株式公開と顧問契約の両方を再考したいと言われてしまいます。 蟹江(小手伸也)もチカから、ステラ証券が契約を打ち...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.