edit

探偵学園Q 第5回 感想

『ネットの恋!すれ違いの悲劇』
目覚し時計の時間が30分ずれてたんですね。
そりゃ、前回感じた時間のずれがあるわけだぁね。

で、キュウたちは犯人の確かな証拠を手に入れるために、
犯人がわかったと告げ、自分を殺させるように仕向けた。

コレクターはトミナガ。

アニメという名のハンドルネームの彼女。
ANIMEのアナグラムはEMINA。
憧れていたオグラエミナだと思ったトミナガ。
親しくなっていったのだが、ある時から複数の名前を使った亀田からの誹謗中傷でANIMEは傷つき始めた。
トミナガは何とかしようとネット上で頑張るのだが、どうにも出来なかった。

そして、アニメはネット上からも現実からも姿を消した。
そうトミナガは思っていた。

しかし、アニメの名前を使ってたのはエミナに憧れていたトウヤクミコだった。
メグのブログの話が出てきたときにアニメはこの子だなぁ。ってのはわかりましたが。
オグラエミナは恋人と駆け落ちしていたとは。
七海先生が調べてくれていた。

ネットにおける匿名性によって起こった事件。
誰一人、現実で行動に移そうとしなかったから。

何かイライラっとして終わりました。

後、警察が一言もサクマに謝らなかったのはどういうこった!
誤認逮捕じゃねぇの?ほとんど。しかも、叩かれて。
そりゃ態度は悪かったけど。
謝れよ。
間違ったんだからさ。
何かムカつくわぁ。。。

で、最後はやっぱり後催眠。
これが、よけいにスッキリしないんですよ。

今回はネットで完全犯罪を手伝ってくれる人を紹介してくれて、その人に会ったまでは話が出たけど。
覚えてることはないか?
という言葉で、我を見失って暴れだした。


メグのブログはメグに憧れていた12歳の女の子だった。
反省して今は閉鎖したみたい。

そして、団先生はキュウたちに冥王星のことを話すことを決めた。


ただのネットでのいじめなのに。
このメグのセリフは聞き捨てならん。
今の世の中、ネットでのいじめがすごくあるのに。
どうして、『ただの』っていうセリフを使ったのかわからん。
ドラマっていうのは見てる人も多いし、このドラマ枠は若者向けのドラマなんでしょ?たしか。
影響力もそれなりにあるだろうし。
それなのに、なんでやねん。
ムカってきた。
『ただの』なわけないだろう!
匿名性の高いネットでのいじめの方が性質が悪いし。
いじめはいじめ。
言葉の暴力。
心をすごく傷つける言葉の暴力。
それを何で、『ただのネットでのいじめ』って言うセリフにしたのかがわからん。
何考えとんねん。

今日はこれでイライラっとしてたので短めで。


次回、冥王星との直接対決?
違う?
カズマが事件からおりるみたいなこと言ってたけど、どういうこったろうか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆キュウ…神木隆之介
☆美南恵(メグ)…志田未来

☆天草流(リュウ)…山田涼介   ☆鳴沢数馬(カズマ)…若葉克実

☆七海光太郎…山本太郎   ☆ケルベロス…鈴木一真
☆ユリエ…奥貫薫

☆猫田刑事…星野源   ☆植村はるか…秋田真琴
☆諸星警部…斉木しげる

☆遠山金太郎(キンタ)…要潤

☆団守彦…陣内孝則

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想

トラックバック

TB*URL

探偵学園Q5ネットの虚構って高尚すぎ?

本日は先週の続きです・・・先週どんなんやったかなぁ~1週間も経つと忘れてしまう、確か犯人誰やって考えてた・・・・あのコーフンは今はもう無い!「ネットの殺人コレクター」の犯人ね、時計がトリックでした。キュウは時計のトリックを実に簡単に解いてしまう。2....

『探偵学園Q』第5話「ネットの恋!すれ違いの悲劇」メモ

さて、解決編。2回くらいがくどくなくてちょうどいい。

探偵学園Q-第5話-

探偵学園Q-第5話 殺人コレクター(後編)-を見た。今回はネタバレを色を変えずに最初から出していますのでご注意ください。ということで,どこからはじめるかというと,やはり「やってしまったぁぁぁ~!!」という反省の弁からでしょう(笑)前回,残った「怪しい2..

探偵学園Q~第5話・コレクター編完結!

探偵学園Qですが、前回に続きコレクター編です。コレクターは亀田に続き、女生徒も殺害しますが、この生徒役がわたしたちの教科書のポー様だったようです。志田未来との共演は偶然だとは思います。(探偵学園Q、第5話感想、以下に続きます)

探偵学園Qファイル5殺人コレクターの妄想した先にみた失踪の真実

「探偵学園Q」第5話は殺人コレクターの起こす事件の後編で殺された同級生の殺人トリックが解かれ、その結末はあまりにもバーチャルなものだった。

探偵学園Q 第5話 ネットと現実と真実

内容ネットで配信された殺人事件生中継かと思われたが、目覚まし時計のアラームやビデオデッキの状態から、配信より前に殺されていたことに気付くキュウたち。そして、朝吹の部屋に残されたビデオから殺された人物が全て、中学の時、映画研究部だったことが分かる。真犯人..

僕らは平成Only!(探偵学園Q#5)

『探偵学園Q』そんなに昭和ってダメダメ? 平成っていいのか?みんな平成生まれだけど、要潤だけ昭和生まれ(爆)リュウ役の山田涼介の所属する平成生まれの7人によるジャニーズJr.の新ユニットHey!Say!7の「Hey!Say!」は本日発売(爆)「学校って、なに?」と言われても

探偵学園Q 第5話「ネットの恋!すれ違いの悲劇」

第5話「ネットの恋!すれ違いの悲劇」

探偵学園Q/#5…殺人コレクター、悲しい勘違い!

 江戸川乱歩とジェフリー・ディーヴァーの小説を足したような「R-12」風の雰囲気の前編から一転して、アリバイ崩しやネット犯罪追及という結末を迎えましたね。 Qクラスの面々の活躍が地味目で、小生はやや物足りなさを感じた後篇でした。-◆-  謎解き自体のハードルは

「探偵学園Q」第五回

 さて、学院で一緒に過ごした人間が次々と殺されたことによってQクラスのメンバーの事件に取り組む姿勢に変化が出てくる。朝吹殺人の場面を今まで以上にしっかりと目に焼き付けようとするメグ(志田未来)、殺された者を悼み、犯人追求への強い意志をみせるリュウ(山田...

探偵学園Q 五話

を見た。2話に引っ張っただけのことはあった感じ。予想通り、せいたかのっぽの彼だった。ただ、その動機というのが一番初めに失踪したエミナとネットの中で恋愛していた。と彼だけが妄想をしていて、その彼女がネットいじめによって自殺したと思い込み、そ...

探偵学園Q 5話「ネットの恋!すれ違いの悲劇」

公式HPより。第5話あらすじ。次の犠牲者を出さない為に殺人ビデオを解析し、残された僅かな証拠を手がかりに、殺人コレクターの正体に近づいていくQクラスの5人。しかし、彼らの思いは通じず、2人目の犠牲者が!!残酷な殺害現場の映像がネット上で流される...。..

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad