edit

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #21

『時の彼方』
アリスを現実世界へと送り出したアスナは通信を受けていた神代に謝罪を。
戻れないかもしれない覚悟を持ってキリトとともに残ることをは選んだ。
そして、アリスを軍事利用させないでほしい、と。

現実世界での戦いは続く。
二人を少しでも早く現実世界に戻すために。
行動が読まれてもなんとか優位に立ち続けた菊岡たち。
けれど、クリッターは最終手段を使うことを選んだ。

それは彼個人では判断が出来なかったことだが、
そうせざるを得ない状況になっていた。

ガブリエルはすでに亡くなっていた。
そのことを現実世界に戻った彼自身だけがわかっていなかった。
そして、彼が求めた魂に引き込まれていく。

そのためクリッターが判断し原子炉を暴走させた。
それを知った菊岡たちは負傷しながらも止めに動いた。
が、それを解決したのは彼らではなくニエモンだった。
現実世界と仮想世界を繋げる夢を終わらせないために茅場がニエモンに。
彼の活躍によって原子炉は守られることになる。

逃げたクリッターは違和感を覚える。
回収した死体が二人分だけしかなかった。
STLルームで死んでいたのはガブリエルだけ。
では、クリッターが見たヴァサゴはどこへ行ったのか。

そして、機能停止したはずのニエモンもまた姿を消していた。

アンダーワールドに残った二人はその世界で共に歩んでいく。

アニメはどこまで描くんだろう?
思いの外早くここまで描かれた気がするけど。

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
アリス:茅野愛衣
シノン:沢城みゆき
リズベット:高垣彩陽
シリカ:日高里菜
リーファ:竹達彩奈
ユイ:伊藤かな恵
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
セルカ:前田佳織里
菊岡誠二郎:森川智之
比嘉タケル:野島健児
神代凛子:小林沙苗
ティーゼ・シュトリーネン:石原夏織
ロニエ・アラベル:近藤玲奈
ソルティリーナ・セルルト:潘めぐみ
ゴルゴロッソ・バルトー:杉崎亮
ベルクーリ・シンセシス・ワン:諏訪部順一
ファナティオ・シンセシス・ツー:生天目仁美
デュソルバート・シンセシス・セブン:花田光
シェータ・シンセシス・トゥエルブ:Lynn
レンリ・シンセシス・トゥエニセブン:田村睦心
リネル・シンセシス・トゥエニエイト:木野日菜
フィゼル・シンセシス・トゥエニナイン:小原好美
エルドリエ・シンセシス・サーティワン:益山武明
ガブリエル・ミラー:石田彰
ヴァサゴ・カザルス:小山剛志
クリッター:千葉一伸
イスカーン:八代拓
ディー・アイ・エル:甲斐田裕子
リルピリン:榎木淳弥

トラックバック

TB*URL

アニメ感想 20/09/05(土) ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 第21話

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第21話『時の彼方』今回は・・・アスナがキリトと一緒に残ることを選んだんでしたね。はっきり言って、そこから全く話は進んでませんね。今回は、その時現実で起こってたことの話でした。正直言って、現実世界の話ってあまり面白くないんだよね。1話も使わないで、さくっと終わらせてくれれば良かったのに。なんか死んだはずの茅場が出...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.