edit

コンフィデンスマンJP ロマンス編

7月18日に放送されたものを見ました。

2019年公開作品。
2018年に放送された連続ドラマの続編となる映画第1作。
劇場公開の翌日に放送された後日譚となるスペシャルドラマを時系列の関係で見ていなかったので、
これでようやく見ることが出来る。
近いうちに見ようと思います。

続編の予告で竹内結子さんが出ていたから、そういうことなんじゃないのか、
と考えて見てしまっていたので、やっぱりか、という感じに。
ただ、そう思いながら見ていてもドキドキするものがありました。

というわけで、ダー子の本当のスタアはラン・リウを演じていた女性。
身も心も奪われたダー子憧れのコンフィデンスウーマンらしい。
ダー子にもそんな人がいたんだなぁ。

ジェシーはあくまでも仕事をともにした関係でしかなかった、
ということなんですね。

そんなジェシーがダー子の子猫の一人を結婚詐欺で騙したことが全ての始まり。
やり返すことを考えていた中でボクちゃんが自分たちを赤星が狙っていることを知り、
それを聞いたダー子はまとめて騙すことにした。
その舞台として選んだのがたまたまニュースでしていた香港の女帝だった。

ジェシーに利用されていたモナコを魅了したダー子の魅力。
彼女は本当にダー子の弟子になることを選んだようですね。

本物のラン・リウは時々いた眼帯をつけていた女性だったようで謎すぎる^^;
彼女はダー子たちをどう見ていたんだろうなぁ。

トラックバック

TB*URL

コンフィデンスマンJP ロマンス編 (2019)

新作公開を控えての、PRとして、去年のヒット作。ロマンス編…偶然だけど、この作品で、かなり重要な役で出演してる、三浦春馬が急逝した夜だけに、なにやら複雑な心境になってしまいました。部隊が海外だけに、レギュラーメンバー達は、いつにも増して、のびのび。このダー子役って、長澤まさみの持ち味を存分に活かした、当たり役!ですよね。ドラマ版の時のゲスト達も、少なからず登場してて、楽しかったです。いつもは...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.