edit

MEG ザ・モンスター

8月8日に放送されたものを見ました。

2018年公開作品。
200万年前に絶滅したとされていたメガロドンが生きていた。
海底とされていた場所よりもさらに深い場所があって未知の生物が数多くいる、
ということだったり施設にワクワクしたわけですけど、
ジョナスとスーインの恋愛は必要だったのか?と思ってしまった。
そことそこなの?と感じてしまったからですが。

モリスの最期がなんともね^^;
置いて逃げた人たちも無事じゃなかったのかな?
一度支援に来てくれていたのに、もう一度連絡した時は信じてもらえなかったのは何でなのかね。
モリスが独自に動かせる人員がそれだけいたってことだったんかな?

5年前のジョナスの判断は英断としか言えないですよねぇ。
一番苦しんでいるのは彼だろうしね。
ていうか、同じ状況の中にいたヘラーが信じないってどういうことかと。

生身で二度もメガロドンを相手にしたジョナスが生きているっていうのが、
ある意味一番怖い存在な気がする^^;

サイズ的に何か小さくない?気のせい?
と思っていたら、案の定、もう一匹いたというね。
ということはまぁ、三匹目がいたとしてもなんらおかしくはないでしょうね。

自分よりも小さいサメの群れに食べられる最後が意外でよかった。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.