edit

名探偵コナン 紺青の拳

4月17日に放送されたものを見ました。

2019年公開作品。
劇場版「名探偵コナン」のシリーズ第23作目。
シリーズ初の海外を舞台にし、京極真をメインに据えた作品。

パスポートの関係でコナンは海外に行けないわけですが、
キッドに拉致される形でシンガポールへ。
あの肌の色は寝てる間にしておいたってことなのかな?
そして、コナンは蘭たちにアーサー・ヒライと名乗って別人を演じることに。

アーサーはわかるけど、ヒライってなんなんだろうと思っていましたが、
江戸川乱歩の本名からだったのな。

シンガポールに行くことになっていたのは京極の参加する大会があったからなわけですが、
そちらは相手側の都合で参加できなくなり、スポンサーが降りたのなら自分がと園子が
無理矢理元通りに。

キッドがコナンを拉致したのは自分の名前を騙った人物がいたため。
そして、京極が参加する大会のベルトに埋め込まれる
紺青の拳と呼ばれるブルーサファイアを盗むため。
実際は目的のものではなかったらしいけど、引き上げられたのが偽物だったのか。
ベルトにつけられたのが偽物だったのか。
そもそもが偽物だったのか、どういうことだったんだろう。

しかし、キッドも面倒なのに絡まれてますよね。
園子があれやこれやと言うから京極が執着することに。
本人がいる前でまで言っちゃうのはどうなのさw
そんな二人のすれ違いもあったりしましたが、最後はイチャイチャとしてましたね。
絆創膏の秘密を知れて嬉しそうだったり。
ただ、離れてしまったことで怪我をさせたことに後悔した京極の戦い方は
それの方が怖い気がした^^;
格好にロマンもないですしね。

新一に変装していたキッドですが、蘭は小五郎の呼び方でわかっていたのな。
にしては、距離が近かったような^^;

劇場作品としては少々物足りなさがあったかな。
京極がメインではやっぱり少し弱いかな、と思いました。
だからキッドも合わせたんでしょうけど、それでもというところだったかな。

トラックバック

TB*URL

名探偵コナン紺青の拳

昨年度のコナンも、ますます記録更新、とは聞いてたけれど、今回。スポットが当たったのは、怪盗キッド、だったのですね。そして、園子の恋人、京極真も大活躍!さらに、変装の名人、怪盗キッドが、蘭ちゃんに化けて、コナンに接近。そのまま、シンガポールまで連れて行く展開の斬新さ。現地では、コナンでなく、別人になるのも、長寿シリーズなれど初パターンで、「ををっ!」でした。また、怪盗キッド。工藤新一に化けて、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.