edit

SUITS season 2/スーツ 2 #01

『新シリーズ幕開け!最強の弁護士バディ』
ボストンにいた鈴木を日本に呼び戻した甲斐。
ただ、幸村には話をせずに独断で行ったことだった。
そして、タイミングが悪く事務所の状況も変わってしまう。
前シリーズでは共同代表として名前だけしか出てこなかった上杉が復帰へ。
奥さんがガンであったことで、事務所を離れていたみたいですが、
そのままであればよかったのに、というのが甲斐たちの本音。
裏切り行為をしていて、弱みを握ってはいた。
ただ、奥さんがガンになったことで、その話をしなくてよくなった。
けれど、亡くなったことで戻るのであれば娘さんに、と甲斐は脅すものの、
上杉は戻ることを選んだ。
彼は一体何をしたんだろう?
そんな上杉を相手にするには鈴木の存在は爆弾でしかない。

一時的な処置として蟹江に任せることにしたようですが、
その後はどうするつもりなんだろう。
ていうか、結局、甲斐の方についてるしねぇ。

そもそも何で甲斐は鈴木を突然戻らせたんだろう?
冒頭の問題は電話で終わらせることになったわけだし、
それのためということにはならないでしょうしね。
別の目的となると、何があるのか。

そんな今回は甲斐の方は航空技術。
鈴木は小説のアイデアの盗用。

鈴木はおばあちゃんの言葉をヒントに真実を手繰り寄せることになり、
そんな鈴木たちの行動が甲斐のヒントにも。

小説のアイデアを盗まれた。
というのは、元がさらに盗んだものだった、と。
それを調べるために一体どれだけの本を読んだのか。
聖澤の人脈のおかげである程度絞れていたみたいですけど、
それでも、というところですよね。

そんな二人のこれからについては少し時間が必要みたいですが、
どうなるのやら。

甲斐の方は特許の問題が絡んでいたのな。
で、甲斐を脅すようなやり方をしていた社員は逆に手ひどくしてやられることに。
脅す相手を完全に間違えていましたね。

鈴木のリハビリは終わって、二人らしい感じも出ていましたけど、
上杉が本当に何を引き起こすのやら。

甲斐正午:織田裕二
鈴木大輔:中島裕翔
聖澤真琴:新木優子
玉井伽耶子:中村アン
蟹江貢:小手伸也
上杉一志:吉田鋼太郎
幸村チカ:鈴木保奈美

トラックバック

TB*URL

SUITS/スーツ2 (第1話/初回30分拡大・2020/4/13) 感想

フジテレビ系・月9『SUITS/スーツ2』(公式) 第1話/初回30分拡大『新シリーズ幕開け! 最強弁護士バディ』の感想。 「幸村・上杉法律事務所」の敏腕弁護士・甲斐(織田裕二)は、米ボストンにいたアソシエイトの大輔(中島裕翔)を独断で呼び戻す。そして、元契約社員から訴えられた大手出版社の案件を任せる。一方、甲斐は、ロケットや航空機の技術開発を手掛けるクライアント・三津谷(反町隆史)...

SUITS/スーツ2 第1話 「新シリーズ幕開け!最強弁護士バディ」

続編を始めるに当たり、基本的には、全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2が原作なれど、かなり日本版ならでは、の、ティストにしてたせいか、見やすかったです。ゲストも豪華! 反町隆史が織田裕二と初共演し、 ほかにも、玉城ティナ、加藤ミリヤ、野間口徹、森七菜、友近等と、目の保養組から、バラエティ豊か反町の月9ドラマ出演は21年ぶりだそう きくところによると、鈴木保奈美、アメリカ版とは、かな...

SUITS/スーツ2 第1話

シニアパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、米ボストンにいた経歴詐称の天才青年・鈴木大輔(中島裕翔)を独断で呼び戻します。 甲斐は、大輔から情報を受け取り、仕事を優位に運んでいました。 そして、元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件を大輔に任せるのでした。 同じ日、甲斐は、自身のクライアントでロケットや航空機の技術開発を手掛けるフューチャースカイの社長・三津谷(反町隆史)か...

SUITS/スーツ2 第1話

内容アーティストのMIZUNA(加藤ミリヤ)のアメリカ進出に関するアトランティス・ミュージック・グループとの契約について、甲斐正午(織田裕二)は、記者会見で白紙撤回を宣言した。相手の代理人・岡部(正名僕蔵)は、慌てふためくが。甲斐は、一切妥協せず。相手サイドの不正も追及。様々な手段で“勝利”を勝ち取るのだった。会見場をあとにしようとした甲斐を、引き止める岡部だが、すでに、岡部の所属する事務所...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.