edit

病室で念仏を唱えないでください #10 最終回

『僧医が導く最後の奇跡!』
倒れた宮寺。
治験の副作用だと家族には説明していたが真実は違った。
治験は上手くいかず、脳に転移していた。
そのことを松本から伝えることに。

入院した宮寺は人気者に。
宮寺の人柄はもちろんあるものの、
松本の友達であることも大きな理由だった。

毎日が幸せそうでしたね。
新しいことを知ったりもしていたようですし。

そんな宮寺は最期を松本に見送ってほしい、と。
ただ、そのタイミングで医者としての仕事が。
松本は優先することを選んだが、送り出した宮寺は笑顔を見せる。

事件の方は犯人の自殺を止めようとしていたんですね。
それは出来たわけですが、被害者の娘からは何で助けたのかと言われることに。
助けることが当たり前なことだから。

命に色はない。
母と妻、どちらを助けるかは近くにいる方。
けれど、実際はそうはならない。

松本もまた自分が同じ立場になれば優先する方を選んでしまうことになる。
無理な話だよなぁ、と思いますね。

後悔しない選択をと思っても後悔はするだろうし。
人と向き合うのなら、自分だけの問題でもないし。

ただ、今回の宮寺との別れは辛いけれども、寂しいけれども、
それでも、後悔のない形には出来たのでしょうね。
そういう形に宮寺がちゃんと持っていてくれたからというのが大きいのだろうなぁ。

濱田が引きずっていた松本との出会いを松本も覚えていたのな。

救急を手伝うようになった濱田。
ただ、打算はあったようで。
田中の実家からお金を工面しようと考えてるみたいですね。
まぁ、田中を育てていこうという気持ちも嘘ではないのでしょうけど。

松本照円(照之):伊藤英明
濱田達哉:ムロツヨシ
児嶋眞白:松本穂香
田中玲一:片寄涼太
吉田太郎:谷恭輔
長見沙穂:うらじぬの
堀口瑠衣:土路生優里
松本照之(幼少期):吉田日向
飯塚茜:横田真悠
宮寺あや:土村芳
瀬川修二:安井順平
円明:団時朗
藍田一平:堀内健
おばちゃん:宮崎美子
澁沢和歌子:余貴美子
宮寺憲次:泉谷しげる
玉井潤一郎:萩原聖人
三宅涼子:中谷美紀

トラックバック

TB*URL

病室で念仏を唱えないでください 最終回 「僧医が導く最後の奇跡!」

僧侶で救命救急医の主人公を伊藤英明が演じた最終回、松本の同僚で救命救急医の三宅涼子に中谷美紀。有名心臓外科医の、濱田達哉にムロツヨシ、新人心臓外科医の児島眞白に松本穂香、研修医の田中玲一に片寄涼太、主人公・松本照円の奮闘を通し「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問いかけ松本の父親的な存在の宮寺憲次に、泉谷しげる。萩原聖人、堀内健、安井順平、土村芳、宮崎美子らも、豪華共演ムソツヨシ、「大恋...

病室で念仏を唱えないでください 最終話

通り魔事件が発生して、松本(伊藤英明)たち救急救命センターの面々がドクターカーで現場へ急行します。 心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘・尚(谷花音)が必死に母親に呼びかけていました。 すると、近くで刃物を持った犯人の男が自殺をしようとしているのを見た松本は、思わず犯人に駆け寄って揉み合いになります。 病院では、搬送された犯人と敦子の緊急手術が行われます...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.