edit

恋はつづくよどこまでも #08

『俺のそばを離れるな…ついに告白!』
色々と問題はあったものの、イチャイチャが止まらなかったなぁw
そうではなく、問題があったからこそなのかな。

訴えるってなった後に流子に任されての二人きりの時間でのやり取りは何なのさw
佐倉が自分が女子力やらが足りないと話している時に、
天堂はくくっていた髪をほどいて、なでなでなでなでとw
いらんくらいに色気が出ていた気がするぞ^^;

ちなみに暴力の真相は自分から殴りに行って、避けられて転倒していたんですね。
それがあの時の大きな音だったのな。
訴えだけでなく、お金に物を言わせて手術の邪魔まで。
ただただ気に食わないから。

そして、訴えを取り下げ、手術が出来るようにしたいのなら、と
佐倉に言ったのは自分の専属となって天堂のもとを離れることだった。

そんな中でのボーリングデート。
楽しそうでしたねぇ。
天堂がドヤ顔を決めたり、佐倉の腕前に驚いたりと、
普段とは違って表情が色々と出ていたのがよかった。

賭けは勝った。
ずっと一緒にいてほしい。
けれど、その約束を佐倉が破る。
天堂に黙って去ることを選んだ。

天堂は上条と話をしたりも。
徹底して医師と患者という立場を崩さなかったわけですが、
最後に少しだけ男同士に。
厄介な相手が現れたと思った。
そして、自分がなかなか気づけなかった佐倉の良さにすぐに気づけたことに嫉妬もした。

相変わらず、そういう佐倉への想いを本人にはハッキリとは言わないままですが、
次回、追いかけてきた天堂が佐倉の実家へ。
どうなるんだろう。

佐倉七瀬:上白石萌音
天堂浬:佐藤健
来生晃一:毎熊克哉
沼津幸人:昴生
仁志琉星:渡邊圭祐
石原こずえ:瀧内公美
酒井結華:吉川愛
菅野海砂:堀田真由
中野藍:瑛蓮
大淵知子:原扶貴子
原静香:安藤聖
小林文江:堀本雪詠
高津若菜:見上愛
天堂流子:香里奈
根岸茉莉子:平岩紙
結城沙世子:片瀬那奈
若林みのり/若林みおり:蓮佛美沙子
小石川六郎:山本耕史

トラックバック

TB*URL

恋はつづくよどこまでも 第8話 「俺のそばを離れるな…ついに告白!」

主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)、御曹司ならの横暴さで、恋敵への無茶、発動。天堂浬(佐藤健)から、暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こし上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託します。循環器内科では、七瀬を筆頭に、がっちり体制で団結入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発...

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第8話

内容、突然、上条(清原翔)から、暴力行為で訴えられた浬(佐藤健)浬は否定するが、証拠を突きつけられ、上条の担当を外されてしまう。みおり(蓮佛美沙子)の目撃情報もあり、浬が上条に暴力を振るうはずが無いと信じる七瀬(上白石萌音)は、浬のことを心配して、いろいろやろうとするが、失敗ばかり。すると、浬から、上条を支えてやれと、指示されるのだった。上条の看護を再開した七瀬は、想像以上に落ち込んでいると...

恋はつづくよどこまでも 第8話

上条(清原翔)から訴えられた天堂(佐藤健)は、七瀬(上白石萌音)に上条の日々の容体確認を託します。 循環器内科では、七瀬だけでなく看護師一同で上条の看病と精神的な支えになれるように、協力することを決意します。 そんな中、小児科に入院中の杏里(住田萌乃)の手術が可能となって、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足します。 上条に訴えられた天堂が手術に参加できなくなってしまい、七瀬は上条を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.