edit

ヤングガンガン 2020年 No.5

今号のヤングガンガン

25時のゴーストライター


ツグミの兄、レイイチの過去。
与えられるがままに何もかもを吸収していく弟を羨ましく思っていた。
努力をしても得られるものが少なかった自分とは違うツグミが。
そして、母の夢を代わりにという考えもなくはなかった。
それを知らぬままにツグミは継いでいた。
ツグミが努力をしていない、というのは少し違うようにも思うけどね。
自分の知らないことを学ぼうとしているわけだし。
そんな中で起こった事故。
そして、サクラに話すニコとの過去。
自分が殺したのだと。
どういうことなのやら。

マリア先生は妹ガチ勢!


休載

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン


魔女、可愛いねぇ。
というわけで、コカトリス相手に苦戦することに。
呪文の消耗を考えていなかったため余裕はなかった。
さらに、正面から戦わなかったものの、コカトリスの背後は背後にはならなかった。
後ろに回っての攻撃で尻尾の蛇に槍が石化されてしまう。
魔女から離れてしまったことで狙いはそちらに。
ゴブリンの手槍を投げることで意識を向けさせ、
そこからは2人の連携でなんとか討伐へ。
報酬は魔法の杖だった。
槍だと最初は思っていたようですが、杖ならと魔女へ。
売ろうと考えた彼女にパーティを組むのだから戦力強化は必要だろう、と、
それを止めた。
さらに魔法の槍を手に入れるまでの借りにという彼女に、
帰還を区切る必要もない、と。
本当に最後の魔女が可愛らしかったですねぇ。
槍使いも気づけや、という話ですがw

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!


エルムとしてではなく七光聖教としてヤマトに協力を。
そして、レジスタンスの戦力からすぐに動けることに。
ツカサたちが囮のようなことになるのかな?
話し方からすると過去の戦で使われた作戦を使うっぽい感じでしょうかね。
さらに、エルフの手がかりは思いがけず身近なところに。
エルクの亡くなったお父さんに接点があったんですね。
そして、彼の手記がヤマトに残されていた。

ナイツ&マジック


エルを相手にするには第二王子なんてものは小物すぎましたねw
エルが言っていることは全て事実なんだから仕方がない。
というか、まともに戦えもしていないのによくそんな話を持ち出せたなぁ、と。
さてはて、エルの要求に対してボロボロのシルエットナイトでどうするのやらね。

八雲さんは餌づけがしたい。


休載

兄の嫁と暮らしています。


やることなすこと悪い方、悪い方に考えてしまってますね。
自分の考えに、自分で噛み付いて。
周りの言葉も素直に聞けなくなって。
やっぱり一度離れるべきなのかもしれないですね。
このままだとノゾミが確実にダメになるでしょ。
それは結果的にシノが傷つくことにもなるし。
プレゼントを渡すまでいけるのだろうか?

MURCIELAGO-ムルシエラゴ-


善八がなんか一人で納得していたけども、
問題なさそうでよかったかな。
ていうか、クロコとひな子たちはいつの間に近くにいたのか。
最後に笑ったw
気づいてなかったんかいw
ただ、異常な部分は多くあるものの、そういう部分だったりで
思っていたよりも普通という印象が出てきましたね。
一体どういった展開になっていくんだろう。

ラララ


お久しぶりな方が登場。
結婚を前にマリッジブルーな雑賀。
アイに結婚してどうだったかを率直に聞くことに。
それに対して悪くない、という答え。
そう思ってもらえているとシロウが知ったら喜ぶでしょうね。
アイの意見はあまり参考にはならないとも思いますがw
一般的じゃないもんなぁ^^;
子供を拾ってきたとシロウのことを言うけど、
アイもシロウを拾ってきたようなもんだしw
そして、病院に赤ん坊を連れてシロウたちが。
母親が書いた手紙で間違いないとジュンが言うものの、行方はわからない。
そこで思いついた情報筋。
これまで久しぶりに登場なシロウのストーカーさん。
いたなぁ、そういえばw
さてはて、どういう再会になるんだろう。


ようやく終わってくれたと言いたくなる連載が二本終わりました。
一本はまだマシだったんですけど、もう一本が本当に不快でならなかった。
こうやって書きたくなるほどなので、本当にかなりなものでした。



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.