edit

疾風ロンド

1月7日に放送されたものを見ました。

2016年公開作品。
東野圭吾原作、阿部寛主演。
ガッツリとコメディな作品だったので楽しめたかな。
ただ、内容としては東野圭吾さんの作品としては薄い気がした。
少し苦手意識があるので見やすかったから個人的にはいいんですけどね。

持ち帰ったフランクフルトがそこに繋がるのかと驚きました。
警察としてはどういうことかとパニックになるのもしょうがない。
恋の方は思っていた相手とは違っていたりも。
そのおかげもあって諦められたみたいかな?

しかし、手癖の悪い人が多かったな^^;

嘘をついて協力された二人の方の恋はどうなるのかな。
千晶はもう一度頑張ろうと思えるようになったようですが。
だからって恋はしないというわけでもないでしょうし、
ごまかさずにちゃんと伝えるのでしょうかね。

原作がここまでコメディな作品なのかは知らないですけど、
楽しめる作品になっていたのでよかったかな。

トラックバック

TB*URL

疾風ロンド(2016)

原作は、人気作家・東野圭吾の同名サスペンス小説違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との脅迫メールがその埋めた場所には、目印に、木にぬいぐるみが。ところが、犯人死亡。三枚目半を演じた、阿部ちゃんが、ユーモラスでいい味だしてました脚本に、ハセベバクシンオーの名前が見られたのが、個人的に嬉しかったです阿部ちゃんの息子を演じた、濱田龍臣、なか...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.