edit

グランメゾン東京 #10

『最終回前スペシャル ミシュランの調査が始まった!涙の料理とは 裏切者は敵か味方か』
平古をグランメゾンに。
事情を聞いてすぐに迎え入れるというわけにもいかなかったが、
尾花は絶対に必要だと。
その上で、これまで挑戦してきて上手くいかなかったマグロにも挑戦しようとしたが、
今は違うと断念させられる。

平古はゴーストシェフとして裏方に。
そんな中で新メニューを考えていくわけだが、
メインをリンダに試食してもらうことに。
その時に平古を逃さないため、彼に料理を運ばせたりも。
ただ、リンダには認められず。

星を取れる料理では単純になかったってことなのかな?
ということは、改良していくことになるのかと思ったんですが、
マグロ料理をするということで、そっちがメインになるのか?

一方で丹後はレストランから追い出されることになる。
スパイしていた料理人にはどうこう言われる筋合いはないと思うんですけどね。
料理に対して真摯に向き合っていないのがわかるから。
切り捨てられた丹後はどうするんだろう。
渾身の一皿はいい出来だったようなのにね。
新しいシェフで星が取れなかったら面白いけど、どうなるだろう。

尾花夏樹:木村拓哉
早見倫子:鈴木京香
平古祥平:玉森裕太
芹田公一:寛一郎
蛯名美優:朝倉あき
松井萌絵:吉谷彩子
丹後学:尾上菊之助
リンダ・真知子・リシャール:冨永愛
久住栞奈:中村アン
江藤不三男:手塚とおる
相沢瓶人:及川光博
京野陸太郎:沢村一樹

トラックバック

TB*URL

グランメゾン東京 第10話

夏樹(木村拓哉)は、リンダ(冨永愛)の告発によって丹後(尾上菊之助)のいるgakuを去ることになった祥平(玉森裕太)をグランメゾン東京に誘います。 一度は断る祥平ですが、京野(沢村一樹)をはじめとした店のメンバーの説得を受けて・・・ 京野が作ったぼんやり料理のおかげかも(汗) 3年前の事件を起こしたのが祥平だと知った相沢(及川光博)と倫子(鈴木京香)は、受け入れに難色を示しますが、萌絵...

グランメゾン東京 第10話 「最終回前スペシャルミシュランの調査が始まった!涙の料理とは裏切者は敵…

秋ドラマが次々と最終回を迎える中、ほとんど、トリになりそうなのは、あるいは、主役級ズラズラな豪華ドラマの作戦なのかな?尾花(木村拓哉)は、リンダ(冨永愛)の告発によってgakuを去ることになった祥平(玉森裕太)をグランメゾン東京に誘いますが、また、この台詞と仕草が、キムタクならでは、で、かっこいい!また、玉森裕太、主役級な大人達の中で、埋もれてないのに、この役を任された意味… スター性と将来...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.