edit

グランメゾン東京 #09

『裏切者は誰だ?涙の復讐に立ち向かえ!』
久住の父親は秘書をしていたんですね。
尾花は最初からわかっていて彼女をスタッフにすることを選んだ。

復讐。
お店について聞かれた時に自信を持って父親に薦めた。
それは自分が目指すワインの形に尾花の料理が一番近かったから。
料理が主役でワインが脇役ではなく、
ワインを主役にした料理を作っていると知っていたから。

そんな彼女がリンダの指示には従わなかった。
偶然起こったことだったんですね。
そのウイルス感染に対してグランメゾンは徹底して自分たちから動くことを選んだ。
それがお客さんに安心感を与えることにも。
検査の結果も問題なく、倒れた萌絵は別のどこかで感染したのだろう、と。

一方で平古はリンダに真実を話した。
自分の料理生命が終わろうとも、尾花を始めとした他の料理人とお店を守るために。
ただ、尾花はそれで納得しない。
どう乗り越えるのか。

次が最終回じゃないんですね。

尾花夏樹:木村拓哉
早見倫子:鈴木京香
平古祥平:玉森裕太
芹田公一:寛一郎
蛯名美優:朝倉あき
松井萌絵:吉谷彩子
丹後学:尾上菊之助
リンダ・真知子・リシャール:冨永愛
久住栞奈:中村アン
江藤不三男:手塚とおる
相沢瓶人:及川光博
京野陸太郎:沢村一樹

トラックバック

TB*URL

グランメゾン東京 第9話 「裏切者は誰だ?涙の復讐に立ち向かえ!」

他のドラマが次々と最終回を迎える中、かなり長くやるみたい、ですね。ひとつは、豪華レストランのオハナシだから、もっとも年間の書き入れ時。ゆえに、目福な、クリスマス企画もあるの… かな? (^^*)従業員で、ワイン担当の栞奈(中村アン)が、京野(沢村一樹)に、店を辞めて、再びフードライターに戻りたい、と相談。ワンのエキスパートで、研究熱心。仕事も真面目に取り組んできて、店で、実に頼りになる存在だ...

グランメゾン東京 第9話

栞奈(中村アン)がグランメゾン東京を辞めることになりました。 夏樹(木村拓哉)は、再びフードライターに戻ると言う栞奈の履歴書を見て・・・ 一方、ミシュランの審査開始の時期が迫り、倫子(鈴木京香)はコース料理をリニューアルすることを決めます。 同時に、夏樹は前菜に合うワインも変えたいと提案して、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼します。 そして迎えた試飲会当日、萌絵(吉谷彩子...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.