edit

週刊少年ジャンプ 2020年 No.2

今週の週刊少年ジャンプ

AGRAVITY BOYS


中村充志さんによる新連載。
久しぶりに新連載の感想を書く気がします。
第1弾の作品もそんなに嫌いじゃなかったけど、
こっちは全体の雰囲気に対して思いの外バカっぽい話だったので、
意外と気に入った感じですね。
三人の意見が一致するのはしょうがないよな、と^^;
ただ、それは使わないということにしたわけですが、どうなっていくのでしょうね。

Dr.STONE


センクウたちが用意しようとしたのはヒョウガの本来の槍の形にするための筒だったのな。
そして、ヒョウガはセンクウならばと少し遅れて彼らを追いかける。
というわけで、準備完了で形勢逆転。
が、ヨーが奪った石化装置はイバラが決死のダイブで作動させてしまう?
あんな風に上から落ちてきたらホラー以外のなにものでもないな^^;

ぼくたちは勉強ができない


ナリユキからみんなへの最後のノート。
というわけで、受験直前で誰もがピリピリしていたわけですが、
落ち着けたみたいですね。
マフユへのノートは別物だったようですが、書いたところで実践するかは別の話な気がするよ。

ONE PIECE


休載

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.