edit

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著) 読了

モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)今回は医者としてのグレンではなく、
三人の女性と婚約したグレンとしての話になっていましたね。
その中で新たに登場したヴァンパイアのプラム。
モン娘なヴァンパイアなため、随分とイメージの違うものになっていた。
コウモリな要素がかなり強めでしたね。
さらに、メメが四苦八苦していたりも。

関連記事
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 4/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 5/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著)
モンスター娘のお医者さん 6/折口良乃(著) 読了
モンスター娘のお医者さん 7/折口良乃(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
サーフェ、ティサリア、アラーニャの三人と婚約したグレン。
借金の返済をしてからでないと結婚はまだ、ではあるものの、
何もしないのはどうかということで、色々と考えていた。
そんなタイミングでのメメがアクセサリー販売の出張店舗の店長に。
グレンはそこで三人の婚約指輪を作ってもらうことに。

最後に渡すことになるわけですが、それぞれ嬉しそうでしたね。
やっぱり何もないのとあるのとじゃ全然違うわな。
早く借金を返済して結婚となるといいですが、それまで三人なのか、増えるのか、ってところですね。

グレンが渡すタイミングとして選んだのはモーリーが提案した墓場街での収穫祭。
昔はしていたものの、しなくなっていたイベント。
それをモーリーが復活させようとした。
けれど、そこには問題があった。
ホテルの元々の持ち主であるヴァンパイア族に許可をもらわなければいけない。
別荘だったらしく、それをホテルにした。
今はそこにいるらしいけど、騒がしいのが嫌で収穫祭はなくなった。
ヴァンパイアに借りのある魔族は多いそうな。
そのため、したいけどそうは言えない魔族が多い。
ただ、許可をもらえれば話は別。

それはティサリアのお父さんも一緒。
収穫祭で人が集まればお金になる。
婚約の話も含めてティサリアのお父さんはグレンにその交渉を頼むことに。

偶然の出会いから結果的に交渉は楽に進むことになったりも。
危うく死にかけることにはなっていましたが^^;

無事、収穫祭が出来ることになってそれぞれに婚約指輪を。
アラーニャは気づいていたりしたわけですが、三人とも嬉しそうでしたね。
ティサリアは喜びが爆発してましたね。

その収穫祭にはソーエンが商人としてやってきたりも。
実際はサキとのデートを楽しむことが割合として大きかったようですけどね。
しかしまぁ、兄がキスしているところを見るのは気まずいわなw
ただ、サキの存在はきょうだいの仲においてはいい緩衝材になってますね。
サキの前だとソーエンは意地の悪いことはあまり言わせてもらえない感じで。
言ってもすぐに本心をバラされたりも。
でも、グレンに黙って実家に帰ることを両親に伝えていたりも。
婚約者三人を連れて。
さてはて、一体どうなるのやら^^;

人見知りなメメとしてはお店なんてしたくなかったようですが、
工房から期待されているというのがよくわかりますね。
その工房に通って色々と買っていくのがプラム。
いつの間にか友達になっていた二人。

メメは不眠症になってしまったりも。
バロメッツの成分を利用した目薬で治療を、ということになったわけですが、
目薬をさすだけで大変なことになってましたねw
ここで寝とかないと命の危険が、というのはわかるけど、グレンが無茶してたなぁ^^;

不眠症の原因の一つだったのがプラムの存在。
ただ、彼女との出会いで収穫祭はすんなり実施できるように。
でも、彼女の吸血衝動でグレンは死にそうになったりも。
治療のためと血を分けることにしたわけですが、考えが甘かった結果だった。
ヴァンパイアのイメージが随分と違うものになっていて、
コウモリの要素が強いものに。

血を吸われることで凝固作用が阻害され、また魅了されてしまう。
離れがたいものになってしまうわけですが、そこはサーフェがきっちりと対処してましたね。
容赦なくw
この世界では輸血の技術がまだまだなようで、今回のことをきっかけに
それもグレンは色々と考えていくことになるのかな?
今後のことを考えるとプラムのためにも、自分のためにも必要なことでしょうしね。

しかし、カラーイラストに年齢が書いてあるけど、誰よりも幼い感じが^^;
人とあまり接して来なかったが故ってことなんでしょうかね。

収穫祭を復活させたかったモーリーは不足していた自分の体を回収してもらうことに。
妖精たちが活躍したわけですが、スカディが可愛かったなぁw
わかっていて自分の手元に残していたとは^^;
かなり気に入っていたみたいですね。
後は収穫祭で演劇をしたかったみたいですが、それは許されず。
イメージがってことだけど、話すようになってから随分とイメージが変わったし、
大丈夫な気がしたけども。

そのモーリーは収穫祭当日は記憶はないことになったのか?
収穫祭の本来の目的は祖霊を歓迎するもの。
というわけで、ハロウィン的なものだったわけですが、
そのタイミングで先代のモーリーが二代目の体を使っていたらしい。
そして、グレンのことでスカディに注意するようにとも。
一体何が起こるのでしょうね。
ていうか、二代目とキャラが全く違って驚いた^^;

ケンタウロスが墓場街で気になっていたものの正体。
それは幽霊とかの仕業ってことにしておいたほうがいいでしょうねw
想像しただけでゾワッとした^^;
収穫祭をするにあたって蜘蛛の巣をとったことが原因だったらしい。
ただ、よくはない状況には違いないので、対処は必要。
どうするんだろうね、一体。

ティサリアの体に書き込んだものの意味はなんだったのか気になるなぁ^^;
グレンが真似たところで効果はないわけではあるけど、スカディは何を教えたのやら。

次は学生時代のグレンたちが描かれることになるみたいですね。
本編とは別の作画で漫画も同時にスタートするらしい。
絵の感じはそちらの方が好みな感じがしたかな。

イラスト:Zトン



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.