edit

グランメゾン東京 #03

『プレオープン!肉料理でライバルに勝て』
オープンが迫る中でメインの料理が決まらなかった。
そんな中で京野が持ち込んだのはジビエ料理のコンテストだった。
優勝すれば雑誌に掲載され宣伝になる。

そして、オープンまでのメニューが決まるまでの間、
定時で帰るという条件付きで相沢も参加することに。
その中で裏で尾花はアメリーのためにキャラ弁を作っていたりしたようですね。
一人だった彼女に友達を作るきっかけとして用意したようで。

料理に使う鹿肉をどう用意したんだろうと思っていたら、
平古に頼んでいたんですね。
平古って一体何者なのかね?
彼女は陰湿なようですけどね。
料理人の手を躊躇なく怪我させるって料理人の恋人としてはあるまじき行為だろうて。
人としてももちろんダメだけどもさ。

そんな中で鹿肉の仕入先として伝説のハンターを訪ねたりも。
挑発して食べさせてもらった料理は後ろに倒れそうになるほど美味しかったようですね。
そこで思い出した命の大切さを料理に全て込めることが出来たのは、
全員が協力した結果だった。
それは認められ、山の幸を全て用意してもらえることに。

ただ、コンテストの方は丹後に敗れることになる。
丹後は知らなかったようですが、公平性は微塵もなかったようですね。
仕入れできないように裏で手を回していたことも。
審査員を買収していたことも。

正当な評価がされていたらどういう結果だったのやらね。

そして、仕事を終えた相沢は離れることを選んだわけだが、
アメリーのことを知って戻ることに。
相沢が正式に参加。
家族を幸せに出来ないようじゃ、お客さんを幸せに出来るわけがない。
というわけで、倫子が尾花を黙らせた。

いよいよオープンが近づいた中でやってきたのは今回のコンテストに関わっていた雑誌。
その編集長は尾花の元恋人だったのな。

次回はデザートで平古と勝負?

尾花夏樹:木村拓哉
早見倫子:鈴木京香
平古祥平:玉森裕太
芹田公一:寛一郎
蛯名美優:朝倉あき
松井萌絵:吉谷彩子
丹後学:尾上菊之助
リンダ・真知子・リシャール:冨永愛
久住栞奈:中村アン
江藤不三男:手塚とおる
相沢瓶人:及川光博
京野陸太郎:沢村一樹

トラックバック

TB*URL

グランメゾン東京 第3話 「プレオープン!肉料理でライバルに勝て」

「グランメゾン東京」のオープンに向けて、尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、メインディッシュになる肉料理を試行錯誤。そんな折、京野(沢村一樹)は、フードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と、世界的な人気雑誌『マリクレール ダイニング』のコラボ企画による、鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることに栞奈はパリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任された、のでし...

グランメゾン東京 第3話

夏樹(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、フレンチレストランのメインディッシュである肉料理の開発に挑みます。 しかし、なかなか納得できる食材でメニューを作り出すことができずにいました。 相沢(及川光博)は、倫子から店がオープンするまでの間、メニュー作りに協力してほしいと頼まれて・・・ そんな中、京野(沢村一樹)はフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農林水産省と世界的な人気雑誌が企画す...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.