edit

ニッポンノワール―刑事Yの反乱― #03

『衝撃真実発覚!動機は愛!?』
本城を一連の事件の真犯人として終わらせることに納得しない面々で捜査を再会。
南武が中心となり事件を調べ直す。

警察が偽りの証拠を作り上げていた。
そして、犯人グループの一人には咲良の姉を殺した犯人と同じタトゥーが。
あらゆる事件の裏にあるのは警察の極秘プロジェクト。
一体何をしようとしているプロジェクトなんでしょうね。

復讐のために才門が殺した、という筋書きが新たに作られたりも。
そして、才門は自分が事件を追っている理由を明かし、
彼が考える本ボシは南武であることを伝えた。
さらに、薫の子供は南武であろうことを。

魁皇高校立てこもり事件でのフェイク動画と同じような形で
犯人グループが殺し合うという場面が作られていたんですね。
警察から真実を聞かされないままに社長の代わりをしている
ガルムフェニックスのスーツアクターであるファイター田中が作らされていたようですね。
事件の後のことでなんか言われたりもしたのかね。

遊佐清春:賀来賢人
碓氷薫:広末涼子
才門要:井浦新
南武修介:北村一輝
深水咲良:夏帆
名越時生:工藤阿須加
本城芹奈:高橋ひかる
高砂明海:立花恵理
碓氷克喜:田野井健
宮城遼一:細田善彦
本城諭:篠井英介
貴志正臣:栄信
江國光成:杉本哲太
深水喜一:笹野高史

トラックバック

TB*URL

ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 第3話 「容疑者才門」

本作は、直前数ヶ月の記憶を失い、森の中で目を覚ました警視庁の刑事・遊佐清春(賀来)が、女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害を疑われ、容疑者として追われる身となるアンストッパブル・ミステリー。やがて、事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていき、すべての人間が疑心暗鬼の中、騙しだまされのストーリーが展開するのですが…「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」と「十億円強奪事件」。 警視庁捜査一課が...

ニッポンノワール-刑事Yの反乱- (第3話・2019/10/27) 感想

日本テレビ系・日曜ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(公式) 第3話『容疑者才門』、ラテ欄『衝撃真実発覚! 動機は恋!?』の感想。 警察が薫(広末涼子)の事件と10億円強奪事件の幕引きを図る中、火消しの先頭に立つ才門(井浦新)に清春(賀来賢人)は反発。南武(北村一輝)も真相を追うと宣言し、薫の班と宮城(細田善彦)ら賛同する刑事を率いて捜査を続行する。やがて10億円事件の実行犯...

ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 第3話

碓氷薫(広末涼子)殺人事件と10億円強奪事件は、死亡した本城(篠井英介)の犯行ということで幕が閉じたかのように見えました。 しかし、清春(賀来賢人)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいました。 一度は捜査終了を命じられますが、南武(北村一輝)の独断で、清春たち旧碓氷班は捜査を続けることになります。 すると、10億円強奪事件の実行犯・風間の経歴が警察が作り上げた架空のものという可能性が...

日曜ドラマ『ニッポンノワール~刑事Yの反乱~』第3話

内容“十億円強奪事件”“碓氷薫殺害事件”は、本城(篠井英介)の死により、全ての罪を本城に被せるという処理をする警察上層部。だが清春(賀来賢人)南武(北村一輝)らは、才門(井浦新)の説明に納得せず。事件の真相を突き止めるため、再捜査をはじめるのだった。敬称略脚本は、武藤将吾さん演出は、小室直子さん相変わらず。ドタバタと。人を変えてやっているだけ。今回など、ほぼ進展なし。一応、ネタフリはしている...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.