edit

マーベル エージェント・オブ・シールド シーズン1 総括

2013年に全22話で放送された「マーベル・シネマティック・ユニバース」のスピンオフ作品。
非常に面白かったです。
映画にはないドラマだからの面白さがあるのでしょうね。

「アベンジャーズ」にてロキによって殺されたとされていたコールソンのその後を描いた作品。
物語としては基本的に1話完結ものになっています。
その中で縦軸の話というか、それぞれが繋がっていたりするわけですが、
映画作品と繋がる部分も数多くありました。
ソーたちが戦った後始末であったり、
チーム結成がS.H.I.E.L.D.にヒドラが潜んでいることがわかる前でもあるので、
その混乱の中でのことも描かれたり。

そういうタイミングの話だったので、チームにヒドラ側の人間は潜んでいるだろうことは
察していたので疑って見ていた部分もあり、ウォードの裏切りは意外でもなんでもなかったかな。
コールソンが彼に恋仲になっていた相手の話をした描写の後、
その時の話が相手側から出てきたので、もしかして、とは察しましたね。

そして、シーズン1の最大の秘密は相手側のことではなく、コールソン自身のこと。
メイはきっとコールソンの監視役なんだろうな、とは思っていましたが、
その通りでしたね。
コールソンはタイミングが悪く別の形で疑うことになってしまいましたが、
隠していたのは事実ですからね。

本来の形とは違いハッキング能力を買われてチーム入りしたスカイ。
彼女にもまた大きな秘密があるようで、それについてはどの段階で明らかになっていくのでしょうね。
最後に彼女の父親という人物とレイナが会っていましたが。
あれはどういう状況だったのか。

フィッツシモンズの二人はいつくっつくのかと思ったら、
最後にそんなバカなな展開に。
意識不明ということですが、フィッツは回復してまた出てくるのだろうか?

ローレライを追ってシフが登場したりもしましたね。
そこでシフのことにも触れたりしてましたね。

コールソンが復活した理由。
それはクリー人の組織を使った薬によって一度死んだコールソンを蘇らせた、
というものだった。
タヒチ計画と呼ばれる、その計画の最高責任者はフューリーではない誰か。
その誰かがヒドラでないと言い切れない、という状況に最後になってくるわけですが、
メイが見つけた映像データによって知ることになるのは、
コールソンが最高責任者だったということ。

マジですか、という感じでしたね。
でも、フューリーが最も信頼する男を考えれば当然の結果なのでしょうね。
クリー人という異星人の遺体を極秘裏に扱うなんていう計画を託せるの人物は数少ないですからね。
それにクリー人と地球の繋がりは「キャプテン・マーベル」にあり、
そこでコールソンも関わってきてますからね。
このドラマのときはまだまだ先の映画作品にはなってますが、
この時にはすでに繋がりが出来ていた、ということなんですね。
しかし、なんでクリー人から人を生き返らせるような薬が出来たんだろう?
ただ、副作用がなかったわけじゃない。
その処置として行われたのがコールソンへの記憶操作。
その経過観察、監視としてメイが担当していたわけで、
問題なくいっている、と言っていいのか、どうなのか。
スティーブのスーパーソルジャー計画と同じで、心に作用するものがあって、
それがコールソンの場合は現状は問題ない方向に動いている、と考えていた方がいいのかな?

本来、タヒチ計画はヒーローを救うためのものとして用意していたようですが、
まさか自分が使われることになるとは思ってもみなかったでしょうね。

最後にはフューリーも駆けつけてくれたり。
一連の事件を終えた後にS.H.I.E.L.D.の立て直しをコールソンに任せることに。
アベンジャーズのメンバーには死んだことにしているコールソンを長官に、
って今後どうするんだろう^^;
フューリーが彼らとやり取りはしてる場面は映画の方であるから、
隠し続けるのかな?
スティーブは納得できない部分が多分にあるでしょうしね。

最後にコールソンが書いていたものは何を意味していたんだろう?

ところで、ナターシャでも欺けないものをとして作った装置。
あれは結局のところ、質問する人間がナターシャと同等でなければ意味がないってことでしたね。
装置自身はしっかりと見抜いていたのにね。
ウォードが細工をしていたのもあるけど、それ以上に扱う人も選ぶのでしょうね。
実際にナターシャには試したんだろうか?
はぐらかしていたけど。

この後も見たいけど、どの辺りまで見られるかわからないなぁ。
シーズン7で最後となるみたいですけど、終わりが見えていても、話数は減らないですからね。
かなりのボリュームなので大変ですね。
面白いので、最後まで見ようとは思いますが、間はあくだろうなぁ。
配信自体も日本はシーズン5はまだ見放題ではないですしね。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.