edit

ルパンの娘 #09

『最終章スタート!舞台は一年後―悲しき再会と衝撃のラスト!!』
和馬の頼みで華は円城寺によって助け出されていた。
ただ、逃がすことになったものの和馬は捜査一課に。

そして、二人はそれぞれで歩みだす。
ただし、心では相手を想って。

そんな中で華は和馬を忘れるためにも円城寺について海外へ。
が、その途中で拉致されてしまう。
偽った戸籍がひどかったようですね。

和馬によって助け出された華はどういう経緯でなのか、
尊たちに助けられた形で家に。

そして、お祖父さんが何者かに殺され亡くなった。
一人で何かをしている感じだったわけですが、何をしていたのでしょうね。
で、その事件を和馬が追うことに。
和馬は殺されたのが誰か見当がついているみたいですね。

三雲華:深田恭子
桜庭和馬:瀬戸康史
三雲悦子:小沢真珠
三雲渉:栗原類
三雲マツ:どんぐり
桜庭和一:藤岡弘、
巻栄一:加藤諒
円城寺輝:大貫勇輔
桜庭典和:信太昌之
桜庭美佐子:マルシア
三雲巌:麿赤兒
三雲尊:渡部篤郎

トラックバック

TB*URL

木曜劇場『ルパンの娘』第9話

内容和馬(瀬戸康史)により逮捕された華(深田恭子)は、パトカーで連行されていく。が、警官をよくみると。。。一方、和馬は、捜査一課への異動が決まるが、疑問を抱く。結果的に、逃げられてしまったはずなのに、なぜ、異動が出来たのかと。そのことをエミリ(岸井ゆきの)に尋ねるのだが、逆に、申し込んだ交際について問われた和馬は。。。。一年後、華、尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)渉(栗原類)マツ(どんぐり)は...

ルパンの娘 (第9話/15分拡大・2019/9/12) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』(公式) 第9話/15分拡大『最終章スタート!舞台は一年後‐悲しき再会と衝撃のラスト!!』の感想。 なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。 和馬(瀬戸康史)に逮捕された華(深田恭子)の前に円城寺(大貫勇輔)が出現。一方、和馬はエミリ(岸井ゆきの)から、告白への返答を求められる。1年後、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)ら一家は元の...

ルパンの娘 第9話

和馬(瀬戸康史)に逮捕されてしまった華(深田恭子)は、連行されるパトカーの中で和馬との思い出に思いを馳せます。 行先は警察かと思いきや・・・ 後日、和馬は捜査一課への異動が決まりますが、この異動に疑問を持つ和馬は、エミリ(岸井ゆきの)と会います。 和馬は、元警視総監だったエミリの祖父に、今回の人事の裏に何があるのかを聞き出してほしいと頼みますが、エミリは和馬の依頼を断るのでした。  ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.