edit

ノーサイド・ゲーム #09

『最終回前~負けたら廃部!涙の反撃開始』
滝川のカザマ買収を止めたものの、今度は脇坂が君嶋とアストロズの追い込む。
最初から脇坂はアストロズを潰すことを考えていた。
君嶋を異動させたのも、滝川ではなく脇坂だった。
君嶋ならすぐに潰す判断をするだろうと考えてのことだったのでしょうね。
そして、滝川はアストロズに対して常にフェアだった。
滝川もラグビーが好きだったんですね。
出来るならなんとかしたい、という気持ちが、君嶋を奮い立たせる言葉へと繋がっていたのな。

ただ、その一方で憎しみはどうしようもなく、過ちを犯してしまう。
そして、アストロズをなんとも思っていな人間が滝川の後を引き継ぐことになってしまう。

優勝しても経費は半額へ。
そこを君嶋はどうひっくり返すのでしょうね。

一方でプラチナリーグは順当に勝ち進んでいた。
ただ、部内対抗ではわからなかった実戦で見えた七尾の問題点。
怪我をした状況への恐怖心がプレーから避けさせていた。
浜畑が代わりに出場することになり、膝が痛もうが闘い続けた。
七尾に恐怖心があるのは当たり前のことだった。
浜畑もまた怖かった。
それでも、勝つために、続けていくために闘い続けるのだと。
そして、浜畑は七尾なら乗り越えられると信じていた。
後を託せる人がいるから、その怖さを乗り越える力になっていたのでしょうね。

さてはて、アストロズの方もリベンジとなるのかな。

君嶋隼人:大泉洋
君嶋真希:松たか子
岸和田徹:高橋光臣
七尾圭太:眞栄田郷敦
佐倉多英:笹本玲奈
星野信輝:入江甚儀
鍵原誠:松尾諭
脇坂賢治:石川禅
吉原欣二:村田雄浩
新堂智也:藤原光博
富野賢作:佐伯大地
藤島レナ:阿部純子
中本理彩:山崎紘菜
吉田夏帆:南端まいな
本波寛人:天野義久
浜畑譲:廣瀬俊朗
安西信彦:齊藤祐也
佐々一:林家たま平
友部祐規:コージ
里村亮太:佳久創
有馬真吾:村田琳
笠原豪:笠原ゴーフォワード
君嶋博人:市川右近
君嶋尚人:盛永晶月
柴門シオリ:川田裕美
青野宏:濱津隆之
「多むら」の女将:凰稀かなめ
島本博:西郷輝彦
柴門琢磨:大谷亮平
津田三郎:渡辺裕之
風間有也:中村芝翫
滝川桂一郎:上川隆也
中本元気:勝山翔
玉木俊太:榎本鉄平
高輪祐太:眞弓葉詩
飯野雄貴:飯野雄貴
西荻崇:田沼広之
岬洋:鶴ケ﨑好昭
林田公一:株木孝行
立川悟:水本竜弥
端本太郎:端本太郎
大和航平:北川勇次
仲村慎祐:仲村慎祐
伊吹誠介:伊吹誠介
森本竜馬:森本竜馬
石川悠太:石川悠太
秋元太一:板垣悠太
小野勘太:邉津勘太
小西大樹:小西大樹
戸村銀太郎:高橋銀太郎
岩爪航:岩爪航
井上卓哉:井上卓哉
新井龍一:新井龍一
阿久根潤:阿久根潤
工藤元気:工藤元気

トラックバック

TB*URL

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第9話

内容滝川(上川隆也)によるカザマ商事買収についての会議が行われる中、君嶋(大泉洋)が現れ、カザマ商事によるデータ偽装疑惑を話し始める。証拠が無いと滝川が口にすると、君嶋は、賄賂の受け渡しに関わった人物の証言があると告げる。受け取った森下章市(辻萬長)教授の受領書もあると証拠を提示。経営戦略室の脇坂(石川禅)、島本(西郷輝彦)社長により、滝川のカザマ商事買収計画は中止となるのだった。功労者とし...

ノーサイド・ゲーム 第9話

トキワ自動車の本社では、滝川(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われます。 脇坂(石川禅)は、会議のメンバーに入っていない君嶋(大泉洋)を臨席させます。 君嶋はある資料を用意していました。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは、七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りして、浜畑(廣瀬敏明)が控えに回ります。 しかし、浜畑が控え選手をまとめ上げたことで全体的なレベルアッ...

ノーサイド・ゲーム (第9話・2019/9/8) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(公式) 第9話『最終回前~負けたら廃部! 涙の反撃開始』の感想。 なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。 滝川(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われる。君嶋(大泉洋)はある資料を手に、経営戦略室長・脇坂(石川禅)の計らいで会議に臨席する。アストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラーに...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.