edit

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

2017年公開作品。
「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの第15作品目。
2014年公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編。
前作で明かされなかったヨンドゥがクズだと言っていたクイルの父親が登場。
人の姿を持つものの、本体は惑星そのものの天界人。
そして、何の間違いもなくクズでしたね。
クイルの母親違いの子供たちが殺されてきた。
その事実を知ってヨンドゥはクイルを助けたんですね。

そして、聞かされたのは母親の病気はエゴが引き起こしたものだった。
愛していたのは事実。
けれど、自分の目的のために殺したのだと。

ようやく会うことの出来た父親で、憧れだったキャッチボールも出来た。
なのに、知った事実はくそったれなことばかり。
そして、自分を攫ったと思っていたヨンドゥこそが父親と呼べる相手だったことを、
彼が亡くなってから痛感することになる。

ネビュラのしつこさがすごかったなぁ^^;
洞窟にも宇宙船のまま突っ込むなよw

バカをしてるところが目立つ作品ではあるわけですが、
それがあるからこそ、家族を、大切な人を想う気持ちがより強く伝わってきますね。

公開日未定ではあるものの、続編が決まったわけですが、
アイーシャが生み出したアダムと戦うことになるのでしょうね。
どういう存在なんだろう。

少し大きくなったグルートにクイルはヨンドゥの気持ちを理解することにも。
口が汚くなってるということだったわけですが、
完全にグレちゃったのな^^;

インフィニティ・ウォーで一員になっていたマンティスは
今作の後に一緒に行動するようになったんですね。

エゴの苗で地球にも被害が出ていたわけですが、
あれはどう処理されたんだろう?

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.