edit

仮面ライダージオウ #49 最終回

『2019:アポカリプス』
仮面ライダーとなったツクヨミによる裏切りで士の作戦は意味をなさなくなった。
けどまぁ、どう考えても敵を欺くにはまず味方からということですよね。
最終回だし^^;

ソウゴはライダーたちの力を取り戻す。
順一郎が危険だとわかっていても外に出ていたのは、
ソウゴのためにライダーたちのウォッチを修理するためだった。
時計屋とかいう次元の話じゃないだろうて^^;
まぁ、デンライナーを直していたから、とっくにおかしなことになってたけども。

グランドジオウの力を取り戻したソウゴはスウォルツの前に。
けれど、ライダーたちの力を借りてもスウォルツには届かなかった。
死を覚悟した時、ソウゴを守ったのはゲイツだった。

最後の最後でソウゴと呼びましたね。
仲間として、友として一緒にいられてよかった、と。

大切な友の死を引き金にソウゴはオーマジオウへ。
変身が禍々しかったですね。
そして、ソウゴに圧倒されるスウォルツ。
それでも足掻こうとするスウォルツにとどめを刺したのはツクヨミだった。
ソウゴに二つの世界を託して自分が消滅することを選んだ。

ソウゴに残ったのはたった一人でオーマジオウとして君臨する未来だけだった。
けれど、ソウゴは王となる未来を捨て、全てを創造し直すことを選んだ。
破壊と創造、それがオーマジオウの本当の力だった。

歴史は作り直され、ソウゴは再び学生として歩みだす。
その隣には大切な人たちの姿が。

ソウゴの創造にウォズだけが影響を受けなかった理由が知りたいなぁ。

未来のオーマジオウが魔王として君臨し続けたのは本当に一人だったからなんでしょうね。
そして、そうならない未来を本当は望んでいたから力を貸した。
オーマジオウにとってのは今は消えても、自分自身が消えるわけじゃないですからね。
王となれなくとも、幸せになれる未来がきっと見えたんだろうね。

最後まで楽しめました。
ウォズ役の渡邊圭祐さんがよかったなぁ。

令和を迎えて、最後となった平成の仮面ライダー。
けれど、仮面ライダーの物語は続いていくわけで、
令和の時代はどういう仮面ライダーが誕生していくのでしょうかね。

ディケイドを最後に見るのをしばらく止めて、記念作品のジオウは見たわけですが。
正しくはビルドも少し見ていましたけども。
令和として新たにスタートする仮面ライダーたちは見ていこうかな。

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ:奥野壮
明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ:押田岳
ツクヨミ/仮面ライダーツクヨミ:大幡しえり
ウォズ/白ウォズ/仮面ライダーウォズ:渡邊圭祐
加古川飛流/アナザージオウ:佐久間悠
ウール:板垣李光人
オーラ:紺野彩夏
スウォルツ:兼崎健太郎
常磐順一郎:生瀬勝久

トラックバック

TB*URL

仮面ライダージオウ LAST「2019:アポカリプス」

仮面ライダージオウの第49話を見ました。 LAST 2019:アポカリプス 仮面ライダーツクヨミに変身したツクヨミは兄・スウォルツを王にしようと、ソウゴらを裏切ってしまう。 「兄さん、仮面ライダーの力を手に入れました。この力、必ず兄さんのお役に立つはず」 「俺に協力するというのか?」 「私も王家の一員、我が世界を守るためなら何でもする」 ツクヨミの裏切りにより、士のスウォルツとツクヨ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.