edit

ノーサイド・ゲーム #06

『本社復帰のチャンス 涙!最後の決断とは』
アストロズは優勝を逃した。
なんとか君嶋はもう一年見てほしいと頼むが、滝川を中心に許そうとはしなかった。
その空気を変えたのは社長だった。
自分の進退をかけてチャンスを与えてくれた。

その一方で君嶋は滝川が中心となって進めている買収話の真実を探るため、
お世話になっていた上司から本社に戻らないかと声がかかる。
けれど、君嶋はすぐには返事をせず、最終的にはアストロズのGMとして戦うことを決めた。
今のままでは大事な決断をするときに迷ってしまう、と。

そう決めた矢先に入った買収話の新しい情報も。
買収先の疑わしい点が出てきたようですね。

そして、プラチナリーグの現状を変えるために動き始める。
賛同する人はいるみたいですが、会長の意向には逆らえないみたいですね。

アストロズはファン感謝祭を。
地域のファンの心は確実に掴んでいるみたいですね。
そんな中での紅白戦。
レギュラーと控え組という分け方の試合。
結果はわかりきっているので、と思われた試合は意外なものとなる。

君嶋の熱意が変えた結果だった。
日本でラグビーはやらない、と決めていた七尾が新加入。
控え組の選手として大活躍を見せた。
圧巻でしたねぇ。

ただ、一方でサイクロンズが浜畑の引き抜きに動き出していたみたいですね。
浜畑はどうするのでしょうね。
七尾が加入したことも影響はあるだろうし。

君嶋隼人:大泉洋
君嶋真希:松たか子
岸和田徹:高橋光臣
七尾圭太:眞栄田郷敦
佐倉多英:笹本玲奈
星野信輝:入江甚儀
鍵原誠:松尾諭
脇坂賢治:石川禅
吉原欣二:村田雄浩
新堂智也:藤原光博
富野賢作:佐伯大地
藤島レナ:阿部純子
中本理彩:山崎紘菜
吉田夏帆:南端まいな
本波寛人:天野義久
浜畑譲:廣瀬俊朗
安西信彦:齊藤祐也
佐々一:林家たま平
友部祐規:コージ
里村亮太:佳久創
有馬真吾:村田琳
笠原豪:笠原ゴーフォワード
君嶋博人:市川右近
君嶋尚人:盛永晶月
柴門シオリ:川田裕美
青野宏:濱津隆之
「多むら」の女将:凰稀かなめ
島本博:西郷輝彦
柴門琢磨:大谷亮平
津田三郎:渡辺裕之
風間有也:中村芝翫
滝川桂一郎:上川隆也
中本元気:勝山翔
玉木俊太:榎本鉄平
高輪祐太:眞弓葉詩
飯野雄貴:飯野雄貴
西荻崇:田沼広之
岬洋:鶴ケ﨑好昭
林田公一:株木孝行
立川悟:水本竜弥
端本太郎:端本太郎
大和航平:北川勇次
仲村慎祐:仲村慎祐
伊吹誠介:伊吹誠介
森本竜馬:森本竜馬
石川悠太:石川悠太
秋元太一:板垣悠太
小野勘太:邉津勘太
小西大樹:小西大樹
戸村銀太郎:高橋銀太郎
岩爪航:岩爪航
井上卓哉:井上卓哉
新井龍一:新井龍一
阿久根潤:阿久根潤
工藤元気:工藤元気

トラックバック

TB*URL

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第6話

内容サイクロンズに惜敗。アストロズは優勝を逃す。観客動員数は増え、2位という成績を残すも、収支は僅かに上向いただけ。本社の滝川(上川隆也)らは厳しかった。絶望的な思いになる君嶋(大泉洋)すると島本社長(西郷輝彦)の一言で、とりあえず存続は決定したが。社長の進退がかかる状態で、予算は取れたが、ラストチャンスだと感じる君嶋。そんな折、君嶋が懇意にする上司の脇坂(石川禅)から、本社復帰の打診がある...

ノーサイド・ゲーム (第6話・2019/8/18) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(公式) 第6話『本社復帰のチャンス?涙! 最後の決断とは』の感想。 なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。 リーグ戦が幕を閉じ、君嶋(大泉洋)は来年度の予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、滝川(上川隆也)から全面的に否定される。社長・島本(西郷輝彦)のとりなしで辛くも承認されたが、「アストロズ」を...

ノーサイド・ゲーム 第6話

リーグ戦を2位という好成績で終えたアストロズですが、君嶋(大泉洋)の顔は渋い・・・ 優勝という目標を達成できなかった上に収支も改善できず、役員会議では全社的な予算圧縮を目論む滝川(上川隆也)から、来年度の予算を全否定されてしまいます。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで予算は承認されますが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままでした。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は、経営戦略...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.