edit

ルパンの娘 #02

『警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる!』
警察一家と泥棒一家が相対する。
最初は互いに敵対心むき出しだったわけですが、
野球をきっかけに父親同士が意気投合。
というわけで、父親の方は和馬が条件を満たせば認めると改めて約束した。
ただ、お母さんの方は変わらずですね。
別れるように華に。
華はそれを受け入れるものの、嫌われるために
仕事と私どっちが大事なの、と言おうとしたり。
でもやっぱり言えなかったり。

ただ、次のターゲットが和馬が追っている事件の黒幕だった。
アポ電強盗ということで、犯人をおびき寄せて黒幕に近付こうとした。
その手柄を与えて嫌われるショックを軽減しようと。
結局は嫌われることにはならず、手柄も和馬へ。

完全に「ミッション:インポッシブル」で使っていたモノでしたよね。
ロケーションが完全にそれだから、もしかして、と思っていたら
あまりにそのままな作戦だった。
いやいや、と思っていたら、さすがに自分たちでバラすのな^^;

しかし、黒幕の表と裏の使い分けがクズすぎる。
そんな事業をしていたら、お年寄りの方の情報なんて手に入れ放題だわな。
ある程度お金も貯めている、というのもわかるわけだしねぇ。

おばあちゃんは和馬が警察の人間だと気づいて、
和馬を気絶させていたんですね。
その上で警察のバッジを隠して両親にはバレないようにしてくれたようで。
でも、次回で知ってしまうみたいかな?

三雲華:深田恭子
桜庭和馬:瀬戸康史
三雲悦子:小沢真珠
三雲渉:栗原類
三雲マツ:どんぐり
桜庭和一:藤岡弘、
巻栄一:加藤諒
円城寺輝:大貫勇輔
桜庭典和:信太昌之
桜庭美佐子:マルシア
三雲巌:麿赤兒
三雲尊:渡部篤郎

トラックバック

TB*URL

木曜劇場『ルパンの娘』第2話

内容泥棒一家の華(深田恭子)の家。恋人の和馬(瀬戸康史)が、警察一家の息子だと知り、ショックを受ける。そんななか和馬が、父・典和(信太昌之)母・美佐子(マルシア)と元警察犬ドンを連れ、華の自宅へ挨拶にやって来る。自宅と言ってもダミーの家。誰もいないと良いのに。。。と考えていた華だったが、父・尊(渡部篤郎)母・悦子(小沢真珠)が到着する。緊張感しか無い中で、両家の顔合わせになってしまい焦る華。...

ルパンの娘 第2話 「警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる!」

やはり、深キュン、最強!かっこいい、オープニングや、エンディングも決まってるだけど、遊び心満載。今回は、一部、ミュージカル風になってしまうとは華(深田恭子)の家を訪れた和馬(瀬戸康史)を、実はツワモノお手伝いさんが、一喝で倒すあたり、笑えました。和馬、白目をむいて気絶。ちょっとトボケた味を出しつつ、かっこよく、同時に「そんなバカな!」 アニメ・ティストが好みです。さすが、のだめを担当した演出...

ルパンの娘 (第2話・2019/7/18) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』(公式) 第2話『警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる!』の感想。 なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。 華(深田恭子)の家を訪れた和馬(瀬戸康史)の父・典和(信太昌之)と母・美佐子(マルシア)は尊(渡部篤郎)らと向かい合う。尊と典和は野球の話題で意気投合するが、美佐子は華に和馬と別れるよう告げる。そんな中、華は尊ら家...

ルパンの娘 第2話

華(深田恭子)は、泥棒一家・Lの一族であることに思い悩みます。 警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)の家族と自分の家族を会わせるなど。もっての外です。 そんな華の願いも空しく、和馬が母・美佐子(マルシア)、父・典和(信太昌之)を連れて三雲家に挨拶に訪れます。 警察官の嗅覚で、色々と探り始める和馬の両親に気が気ではない華ですが、図らずも両家の親の顔合わせになり、華は和馬たちの職業を尊(渡部篤...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.