edit

インハンド #10

『驚異の致死率100% 新型エボラ襲来…村を全面封鎖!!』
高家の実家での紐倉の立場がおかしいw

副センター長にという話を持ちかけられた紐倉。
けれど、それは断ることに。
アドバイザーを辞めてほしい。
そして、高家の大切な場所であること。
紐倉にとっては新しく出来た大切な繋がりを大事にしたみたいですね。

しかし、それどころではない状況が動き出してしまう。
エボラウイルスの感染が疑われる男性が運び込まれる。
その男性は高家の幼馴染の父親だった。

福山たちと一緒にいるところを見た牧野は網野が言っていた裏切り者として疑うものの、
それを断ったことで疑いは晴れる。
そして、網野は裏切り者がこれまで一緒に問題を解決してきたSM対策室にいると確信した。
さてはて誰なのやらね。

政治家に媚びる父親に納得が出来なかった息子の暴走。
それが感染拡大へと繋がった。
彼の仲間が倒れた状態で見つかったわけですが、
息子自身はどこにいるのかな?

5年前のけじめをつけるという紐倉は問題を解決出来るのか。

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

金曜ドラマ『インハンド』第10話

内容紐倉(山下智久)は、福山(時任三郎)と厚労省の瀬川(利重剛)から、ある打診を受ける。そんななか、高家(濱田岳)は、故郷の相羽村へと里帰りをする。が。。。なぜか、紐倉が付いてくる。村は、福山が進める“BSL4”計画で、もめていた。高家の幼なじみ・棚橋弘樹(平岡祐太)が中心に反対運動を行っていた。厚労省の内部資料を手に入れた牧野(菜々緒)は、相羽村を訪れ、村長の市原正幸(遠山俊也)から、金子...

インハンド(第10話・2019/6/14) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第10話『驚異の致死率100%新型エボラ襲来…村を全面封鎖!!』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」、連載中の「講談社 イブニング 2019年10号[2019/4/23発売]第11話:キマイラの血(8)」まで既読。 紐倉(山下...

インハンド 第10話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は助手・高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れます。 相羽村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致を巡って反対運動が行われていました。 自然豊かな相羽村を堪能する紐倉ですが、ある日、福山と話をするために、BSL4施設の拠点となる予定の場所へ向かいます。 施設の建設を急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱きます...

インハンド 「驚異の致死率100%新型エボラ襲来…村を全面封鎖!!」

ついに、パンデミック発生!次々と、住民が感染していき、身悶える、いう衝撃的・展開っかなり、この手の名作、衝撃作は多かった記憶あるけれど、怖がりぃゆえ、あえて避けて通ってたので、初めて、か、それに近い遭遇のエンタメ作。その「(場合によっては、現実でも)ありえる」リアリティに、うわおっ!だったのでした。密かな大人の事情から、のアクシデント、ですよね。では、何も知らない住民にとっては、えらい迷惑。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.