edit

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ #07

『命を救う者達の選択 誇りの行方』
今回は軒下がカッコよかったですねぇ。
性格に難ありではあるものの、他の技師たちが一流だと認める技師だった。
たとえデートであってもお酒は飲まないといった写真を撮る技術だけでなく、
医療従事者としてのあり方もまた一流だった。
まぁ、今回は相手の気を引くために嘘をついてしまってましたけどね^^;

そんな今回は軒下の同級生夫婦の奥さんの方に乳がんの疑いが。
でも、検査は何ヶ月も先になる。
疑いがあるけれど、ハッキリは診断が出来ない。
では、その検査を、となると何ヶ月も先に。
誰だって心を病むよ、そんなもん。
すぐに、というのは無理なのはわかるけど、
何ヶ月もってのはどうにかしないとダメな問題だろうなぁ。
人が診てるわけですが、限界があるのはわかるけど。
今回も五十嵐が夜間検査という形で無理をしたわけではありますからね。
一人であれば大した問題にはならなくても、それを何人もとなれば、
診る方が倒れることになりますもんね。

ただ、今回のやり方は院長に許可をもらったとしても、というところですね。
普通はやらないから、そういう方法をとるしかなかったわけですからね。
そんな五十嵐の見る力に甘春が若干追い詰められてきてる感じが。
何が見えているのか、と。

そんな一方で小野寺がとうとう五十嵐の正体を聞いてきましたね。
どう答えるのやら。

五十嵐唯織:窪田正孝
甘春杏:本田翼
広瀬裕乃:広瀬アリス
軒下吾郎:浜野謙太
威能圭:丸山智己
悠木倫:矢野聖人
黒羽たまき:山口紗弥加
小野寺俊夫:遠藤憲一
辻村駿太郎:鈴木伸之
鏑木安富:浅野和之
大森渚:和久井映見

トラックバック

TB*URL

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ (第7話・2019/5/20) 感想

フジテレビ系・月9『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(公式) 第7話『命を救う者達の選択 誇りの行方』の感想。 なお、原作の漫画、原作・横幕智裕 / 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社))は、第7巻まで既読。 軒下(浜野謙太)は中学校の同級生の志朗(篠原篤)と真貴(松本若菜)夫妻と再会。真貴は乳がんの疑いがあり、再検査を優先してほしいと頼まれた軒下だが、...

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 第7話

診療放射線技師・唯織(窪田正孝)が来てから、ラジエーションハウスのメンバーにも少しずつ変化が現れて来ました。 そんな中、乳腺外科に、軒下(浜野謙太)と中学校時代の同級生だった蛭田志朗(篠原篤)と真貴(松本若菜)夫妻がやって来ます。 人間ドックで真貴の胸のしこりが見つかり、乳房エックス線検査を受けに来たのでした。 真貴は、軒下が卒業アルバムに将来の夢を「医者」と書いていたのを覚えていて、...

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 第7話

内容初めてのひとり当直で、不安な裕乃(広瀬アリス)そして緊急時のオンコール担当は軒下(浜野謙太)た担当することに。そんななか、軒下は、病院内で、中学の同級生・蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)と再会する。胸にしこりがみつかり、検査に来たようだった。その後、唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)からマンモ画像の意見を求められる。唯織の意見と一致し、杏は悪性の可能性があると。その様子を見ていた鏑木(...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad