edit

亜人

2017年公開作品。
桜井画門の漫画を原作にした作品。
原作を読んで、アニメも見て、としていましたが、
思ったほど悪くはなかったかな。
約2時間の中で見どころを繋げて飽きさせないようにはしていたと思う。
原作の知識ありきだからいいけど、知らない人にとっては
なんのこっちゃな部分はあったようにも感じましたけどね。

アニメで永井を演じていた宮野真守さんが冒頭のナレーションと
永井のIBMの声を担当していたりと他にもアニメとの繋がりが結構あるみたいですね。

佐藤健さんが永井って年齢どうなってんの?
と思っていましたが、佐藤含めて年齢設定は変えてあったみたいですね。
佐藤に関しては生い立ちの部分もかなりいじってありましたが。

後は永井と妹の関係があまりに普通な兄妹関係になっていたのはどうなのかね。

海斗を出さなかったのは正解でしょうね。
確実に話がどっちらけになってたでしょうからね。

断頭で人格が云々言う話はなくなってるのかな?
そういう話をする場面が端折られてるから、
最後に断頭どころじゃない死に方から佐藤同様に永井も復活してましたね。

ストーリーとしては色々と端折りすぎてるので、
これだけではどうなのかと思う部分は多々ありますが、
知識があればそれなりには楽しめる作品だったように思います。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.