edit

インハンド #06

『天才ランナーの疑惑 完全犯罪のドーピング!!衝撃の真実』
正式にアドバイザーとなった紐倉の初仕事。

遺伝子ドーピングなんてものがあるんですね。
見つけるには非常に困難。
ただ一方でリスクもある。
遺伝子に傷が入り、意図しない効果が出てしまうことが。
それが病をもたらすこともある。

しかし、二つ揃えて右側だけを使う、って生きにくくてしょうがなさそうだなぁ。

彼にとってドーピングにいいも悪いもない。
速さを求める手段にすぎない。

その結果がこれというのは本当に後悔はなかったのだろうかね。

次回は牧野と娘の話。
娘がいたのなぁ。

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

金曜ドラマ『インハンド』第6話

内容正式にサイエンスメディカル対策室のアドバイザーになった紐倉(山下智久)早速、紐倉と高家(濱田岳)が、対策室へ挨拶へと向かう。すると網野(光石研)から、ある選手のドーピング疑惑の調査を依頼される。陸上界のエース、野桐俊(清原翔)だった。紐倉、高家は、牧野(菜々緒)とともに、野桐の練習を見に行く。妙な動きをする野桐に、戸惑う高家、牧野だったが、紐倉は、正確なルーティンがあると指摘する。その観...

インハンド(第6話・2019/5/17) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第6話『天才ランナーの疑惑完全犯罪ドーピング!!衝撃の真実』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」、連載中の「講談社 イブニング 2019年10号[2019/4/23発売]第11話:キマイラの血(8)」まで既読。 紐倉(山下智久...

インハンド 第6話

内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーになった寄生虫学者・紐倉(山下智久)が、助手・高家(濱田岳)と共にSM対策室を訪れます。 牧野(菜々緒)から紐倉と高家を紹介された室長・網野(光石研)は早速、紐倉に相談を持ち掛けます。 その内容は、国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐俊(清原翔)のドーピング疑惑を調べることでした。 高家の必死さもあり、渋々受けること...

インハンド 第6話

 第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad