edit

インハンド #05

『失われた右腕の真実 エボラウイルスの恐怖 親友との絆』
紐倉の過去が紐解かれる。

紐倉は何も悪くなかったようですね。
生き残らせることで紐倉に全ての責任を押し付けたのな。
クズすぎるだろうて。

そして、入谷の最期の言葉。
飛び降りる前の言葉は紐倉を守るための嘘。
飛び降りた彼を助けようとしていた時の言葉を紐倉は思い出せないでいた。
けれど、高家から渡された遺留品で思い出すことに。
助手でよかった。
でも、新しい仲間を見つけてほしい、と。

高家には不器用ゆえにひねくれた方法で気持ちを伝えていましたけどね。

一方で紐倉の過去を教えてくれた元上司。
彼にもまた秘密が。
何でウイルスを彼が持っているのかな?

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

インハンド(第5話・2019/5/10) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第5話『失われた右腕の真実 エボラウイルスの恐怖親友との絆』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」、連載中の「講談社 イブニング 2019年10号[2019/4/23発売]第11話:キマイラの血(8)」まで既読。 牧野(菜々緒)...

金曜ドラマ『インハンド』第5話

内容高家(濱田岳)と牧野(菜々緒)が、紐倉(山下智久)への疑惑を深める中。紐倉は、再び倒れた状態で発見される。陣内(菜葉菜)によると、右腕を失ったことにまつわる記憶が、PTSDになり、無い腕が痛む、幻肢痛を招いてしまっているのだろうという。それを弱めるため、薬を飲んでいた紐倉。高家と牧野は、紐倉の過去を調べる必要があると考え始める。高家は、トラウマをなんとかすべきと紐倉に告げるも、すでにいろ...

インハンド 第5話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は、自殺した元助手・入谷廻(松下優也)との記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいました。 そんな紐倉の様子を見かねた助手・高家(濱田岳)は治療を勧めますが、紐倉に出ていけと言われてしまって・・・ 一方、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のインターネットニュースを見せます。 そこには「危険な実験をしていた日本人科...

インハンド 第5話

第5話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad