edit

盾の勇者の成り上がり #18

『連なる陰謀』
フィトリアによって他の勇者の近くに戻されたナオフミたち。
ナオフミはフィトリアとの約束を守ろうとした。
他の勇者たちとちゃんと話をしようと。
けれど、まずぶつかったのが一番話を聞かないモトヤスだった。

本当にどうしようもないよなぁ。
洗脳されている、と信じ込むのはいいとして、自分の放った攻撃の射線上に
洗脳されてる人たちもいるんだよなぁ。
救う気が微塵もないよな。

レンとイツキを殺したとしてナオフミに怒りをぶつけていたわけですが、
彼自身は何も見ていない。
そして、それを伝えたマルティもまた聞いた話を伝えただけだった。
彼女もまたいつの間にか利用される立場となっていた。

というわけで、教皇による裁きが行われる。
フィーロが勘付いたためにナオフミの盾が間に合い、なんとか全員の命が繋がった。
そして、教皇はこれまでの勇者たちの行いへの失望を口にする。
王族もまたそれに代わるものは用意してある、と。

レンたちのしたことに関しては事実だからしょうがないね。
王族もどうしようもないのがいるしねぇ。

ただ、教皇の考え方もまた一方的なもの。

というわけで、勇者同士で歪みなっている余裕などない状況へ。

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
フィーロ:日高里菜
天木錬:松岡禎丞
北村元康:高橋信
川澄樹:山谷祥生
メルティ:内田真礼

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad