edit

トランスフォーマー/最後の騎士王

2017年公開作品。
「トランスフォーマー」シリーズの第5作品目。
前作、「ロストエイジ」から連なる物語。
ケイドは娘と離れトランスフォーマーの保護活動を一人で行っていた。
騙して社員を一人雇ってはいたようですが。

レノックスとシモンズが再登場してましたね。
サムは写真で重要人物の一人として。
本人は知らなかったわけですが、騎士団の血筋だったんだそうな。
ただ、話の流れだとサムはもう亡くなったのか?
エドモンドが最後の生き残りだとかいう話だったけども。

御伽噺だとして語られるアーサー王と円卓の騎士たち。
その影にはトランスフォーマーたちが。
そして、第二次世界大戦ではバンブルビーが悪魔の旅団として戦争に参加していたことも。
今の優しい彼とは随分とイメージの違う話でしたね。
他にも世界の転換期の裏には様々なトランスフォーマーの姿が。

そして、地球に危機が迫る。
創造主によって人格を変えられたオプティマスが地球を襲う。
ただ、声を取り戻したバンブルビーによって自分を取り戻すことに。
友の存在がオプティマスにとって非常に大きかったようですね。
途中の一度修理したときの声はそれはそれで可愛かったと思いますけどね。

前作から続く話ではあるもののディセプティコンはどういうことなのかな?
ガルヴァトロンではなくメガトロンであり、
彼の要求で囚われていたディセプティコンが解放されることに。
ガルヴァトロンのそれとは違って以前のトランスフォームに戻っていたのはいいんですけど、
何をきっかけに完全に本来のメガトロンに戻ったんだろう?

ユニクロンという強大な敵が動き出そうとしているという形で話は終わり、
続編を示唆するようなものになっているわけですが、
興行収入の低迷で無期限延期になったらしい。
けど、バンブルビーのスピンオフ作品が作られたりはするわけで、
どうなるのやらね。
ヒットしたのかどうなのかわからんわけですが、その結果次第で本編も再開の可能性が
ってことなのかな。

個人的には前作よりも楽しめたんですけどね。
オプティマスが悪役として登場というのは新鮮だったし。
長きにわたる人とトランスフォーマーの関係だったり。
シリーズはどうなるのでしょうね。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.