edit

インハンド #04

『自殺を導く病原体!?封印された博士の過去が暴かれる』
人を自殺に追い込む病原体がある。
そんな脅迫文が届けられた。

紐倉は珍しく自分から協力することを選んだ。
その理由は最後に明かされましたが、パスポートのためだったようですね。

一方で今回の話の中で紐倉の過去に触れたりも。
実験によって村が一つ消え、助手だった男性が自殺した。
そのことについては次回明かされることになるようですね。

事件の方は治験に参加したことが原因であろうと考えた。
ただ、薬には何の問題もなかった。
が、自分の幻肢痛を見た恵奈に説明していて可能性に行き当たる。
脳への影響。
そして、ウイルス。
非ステロイド系の薬ではウイルスが原因で脳にダメージを負うことがあるらしい。
治験薬はそれが極めて大きかった。
ただ、ウイルスチェックはされていた。
けれど、漏れがあり、それが恵奈の友達たちを自殺に追い込んだ。
馬から感染したウイルスによって。

自殺しようとした恵奈を止めるための紐倉の言葉は
いつも以上に自分自身に言い聞かせている感じでしたね。

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

金曜ドラマ『インハンド』第4話

内容牧野(菜々緒)が、紐倉(山下智久)高家(濱田岳)のもとにやって来る。外務事務次官・源田創子(紫吹淳)のもとに、脅迫状が届いたという。“人を自殺させる病原体をばらまく”と。脅迫状に記された水原舞(益田恵梨菜)は自殺。菊池香織(河合優実)は自殺未遂。織田貴成(岐洲匠)は行方不明。次のターゲットは、源田の娘・恵奈(吉川愛)だという。4人が幼なじみなのは分かっていた。恵奈によると、製薬会社“セク...

インハンド 第4話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていました。 助手・高家(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の掃除をしていました。 そこへ牧野(菜々緒)が、ある相談をしにやって来ます。 外務事務次官・源田創子(紫吹淳)宛てに「人を自殺させる病原体を、ばらまく」という脅迫状が届いたのでした。 ただの嫌がらせのようにも思えますが、脅迫状に名前が記載され...

インハンド(第4話・2019/5/3) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第4話『自殺を導く病原体!? 封印された博士の過去が暴かれる』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」、連載中の「講談社 イブニング 2019年10号[2019/4/23発売]第11話:キマイラの血(8)」まで既読...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.