edit

名探偵コナン ゼロの執行人

4月26日に放送されたものを見ました。
2018年に公開された劇場版「名探偵コナン」のシリーズ第22作目。
やたら安室で盛り上がってましたよね、確か。
モノレールだったかな?
正面から来る場面での安室の表情がよかった。

小五郎がテロの容疑者として逮捕された。
無実を証明するためにコナンが駆け回るが、そこに公安の正義が立ちはだかる。
公安の公に出来ない部分が引き起こした事件。
というのが今回の事件の裏にあったんですね。

小五郎を犯人に仕立て上げなければいけなかった理由は、
事件の真実を掴むために協力者が必要だったから。
本気のコナンの力を引き出すために。

ただまぁ、今回に関しては阿笠博士の力が大きいところでしたよね。
発明したドローンは色々とやりすぎだったように思うわけですが、
それがなければどうにもならなかった。
けど、それを知らずに操縦していたのが三人というね。

今回は話で魅せる場面が多く、派手なシーンは終盤にまとめて、という感じになってましたね。

公安の協力者が絡み合っての事件。
真実が明かされることがないがためにすれ違って、
本来持っていたはずの正義が間違った方向に。
復讐のための大きな事件。
民間人に被害は出さないように、という考えはあったようですけど、
ゼロになんてどうあっても出来ないだろうにね。

一方でもう一人の協力者は別の形での復讐を。
最後の彼女のあり方は当然な話ですよね。
自由だということですけど、監視はつく。
しかも、一度こんな状況になった彼女は今後普通でいられるのでしょうかね。
その懸念もあっての監視なんだろうけども。

自分たちがきっかけで起こしてしまった問題は結局の所、
波紋が広がるばかりで収拾がつかなくなってるだけなんじゃ?
と思わなくもなかった。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.