edit

インハンド #03

『天才博士vs美魔女!!悪魔の美容術…狂気と哀しい過去』
紐倉の大学時代の恩師の悪事。
妹を病気から救いたいという想いから始まった研究。
けれど、妹の死を前に死への恐怖が彼女を襲い、間違った方向へと舵を切ってしまう。

認知症に似たような症状が出るヤコブ病というのが彼女の病気だったんですね。
ブローカーから買った血液に混じっていたのだろう、と。

紐倉と牧野は別の方向から今回の件に関わったわけですが、
紐倉は何で恩師が悪事に手を染めていることを知ったのかな?
恩師よりも妹との方が仲が良かった感じですけど、
紐倉の今がある一端は彼女の存在があったからなのかな?

しかし、高家への対応の仕方が色々とひどいな^^;
でも、結局は動くことにするわけですけどね。
人間の感情は面倒だな、ということで、
繋がりの出来た関係を簡単に切り捨てられるような人ではないようですね。
でないとまぁ、これまでみたいに人を救うために動き回れないわな。

紐倉がアメリカでクビになった理由は陸軍ともめたから。
あの回想の感じだと紐倉がどちらかというと騙されて利用されていた、
とかそういう感じなのかな?

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

金曜ドラマ『インハンド』第3話

内容相変わらず高家(濱田岳)は、紐倉(山下智久)に翻弄されていた。その日、紐倉に連れられ向かったのは、美容団体“パナシアンビューティー”CEOを務める瀬見まき子(観月ありさ)の講演だった。“テロメラーゼ”を使った“不老不死”の研究。瀬見に会おうとした紐倉だったが、副社長の鈴木正吉(本宮泰風)により阻止。その帰り、講演を聴きに来ていた牧野(菜々緒)に遭遇。試験的に行っていたアンチエイジング治療...

インハンド(第3話・2019/4/26) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第3話『天才博士VS美魔女!!悪魔の美容術…狂気と哀しい過去』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」(講談社「イブニング」連載中)は既読。 紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、大学時代の恩師...

インハンド 第3話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は助手・高家(濱田岳)と共に、大学時代の恩師で現在はパナシアンビューティーという美容団体の最高経営責任者(CEO)を務める瀬見まき子(観月ありさ)の講演を聞きに行きます。 パナシアンビューティーでは上級会員向けに、不老不死を謳い文句にしたアンチエイジング治療が試験的に行われていました。 しかし、その治療を受けた会員数人に、認知症に似た症状が現れていると...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad