edit

インハンド #02

『驚異の外来ウイルス スーパースプレッダーは誰だ!?』
マダニの一種であるシカダニが感染源のウイルスの感染者が見つかる。
最初はインフルエンザだと思われていたらしいけれど、
紐倉のところに話が来て、シカダニを探していた。
その辺りの事情を知らないままに高家は手伝わされていたんですね。

研究所の下にある看板は植物園だったんですね。
あの施設だったりは元からあったものだったのな。
キャッシュで買ったらしく、そのお金はかゆみ止めの塗り薬を開発して大ヒットしたからとのこと。

なんともまぁ、メディアのクソっぷりが発揮されてましたねぇ。
どういう感覚で生物兵器なんて言ったのやらね。

厚労省だったっけ?
家にやってきた時だったり、病院での扱いだったり、
もうちょっとどうにかならんかったのかね。

感染っちゃうからで高家たちを遠ざけたわけですが、
紐倉はいいのか?^^;
マスクつけたままというわけでもないし。
接し方が変わらなかったから、というのが大きいのでしょうけども。
それでも、なんかおかしくないか。
そういう人こそ感染させないようにしないとダメじゃないか?

紐倉が右腕を失った理由。
飼い犬からの病原体によるもの。
犬を恨んではいない。
悪いのは病原体であって、その宿主である人や犬に責任はない。
そして、病原体を抑え込めるということは、その病気に打ち勝つ何かがあるのかもしれない。
ウイルスから人を救うことが出来るかもしれない。
兵器なんかではなく救世主なのだと。

が、犬の話は嘘だったらしい。

紐倉はアメリカで何やらもめた過去があるらしい。
除名処分を受けているようで何があったのかな?

そして、右腕を失った本当の理由。
火が関係しているようですね。
それももめた理由に繋がってるのかな?

紐倉哲:山下智久
高家春馬:濱田岳
牧野巴:菜々緒
御子柴隼人:藤森慎吾
熊谷美緒:高橋春織
城田幸雄:酒井貴浩
山崎裕:田口トモロヲ
大谷透:松尾貴史
網野肇:光石研

トラックバック

TB*URL

インハンド(第2話・2019/4/19) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第2話『驚異の外来ウイルススーパースプレッダーは誰だ!?』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)は未読。 紐倉(山下智久)は、アドバイザー就任を要請する牧野(菜々緒)の依頼を断る一方で、高家(濱田岳)と共に東京都内の感染症センターへ。そこには、日本に生息していないダニ...

金曜ドラマ『インハンド』第2話

内容ひょんなことから紐倉(山下智久)の助手となった高家(濱田岳)は、紐倉の寄生虫研究に翻弄されてばかりいた。そんななか、巴(菜々緒)から対策室のアドバイザーになって欲しいと頼まれた紐倉は。。。それを拒否。金にも困っていないと。が、ある病院から意識不明の女性・金井明莉の調査依頼メールが舞い込み、紐倉は、なぜか快諾し、高家を驚かせる。早速、血液を調べると“ハートランドウイルス”と判明。妙な笑みを...

インハンド 第2話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は、医者としての道を絶たれて紐倉の助手になったお人好しの高家(濱田岳)を良いように使っていました。 ダニの研究のための実験に使うなんて・・・ そんな紐倉の元に、病院から「感染症の疑いがある意識不明の女性について調べてほしい」という依頼が来ます。 紐倉が女性の血液を調べると、ハートランドウイルスという、日本では発見例のないウイルスが検出されました。...

インハンド 「驚異の外来ウイルススーパースプレッダーは誰だ!?」

美形なのに、天才肌で変人(おまけに、ひきこもり)という意味では、近いところでは、藤原竜也が「ST 警視庁科学特捜班」シリーズの、赤城左門として、いい味出して好演してた気がしますが、(スペシャルで好評だったので、「ST 赤と白の捜査ファイル」として連ドラ化され、ついには映画にまで)この、山下智久さも、見目麗しくクールなのに、ちょっと不気味な天才・寄生虫専門の科学者を存在感たっぷりに好演。濱田岳...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad