edit

月刊少年サンデー ゲッサン 2019年 5月号

今月のゲッサン

スクール×ツクール


田岡りき原作、wogura作画による新連載。
これから文芸部はどうなっていくのでしょうね。
楽しめそうな感じはありますが、感想は書かずに読むかな。

疑似ハーレム


調理実習の料理対決の審査を頼まれたリン。
好みで選んでくれ、ということで、先輩の好みがわからなければ、
となって真剣さが増す。
結果、先輩の方を選べて大喜び。
引き分けになった本人より喜んでましたね。
ただ、引き分けだからと先輩は甘えんぼちゃんをと無茶ぶりを。
あれは先輩の前だから出来ることだよねぇ。

勇者の娘と緑色の魔法使い


グリムは一命を取り留める。
バイオラのポーションで回復することに。
が、レイザーに正体はバレてしまった。
そんな中で現れた脅威。
グリムの言う腕なしのワイバーンと人間の言うドラゴンは同じなのかな?
グリムはその危険度を理解しているため、戦っているリカを無理矢理にでも連れて行こうとしたが、
彼女は勇者が一番に逃げるわけにはいかないと。
そんな中でのドラゴンのブレスが多くの命を奪った。
そして、その強さを目の当たりにした者たちは幻覚に襲われる。
ドラゴンの強さを知れば知るほどにそれを感じずにはいられないみたいですね。
それでもリカは戦おうとする。
弟に顔向けできないから、と。
去ろうとするグリムに謝って戦いへ。
次回で最終回。
どういう終わり方になるのかな。

くノ一ツバキの胸の内


力だけは最強な亥班がイノシシを狩って帰ってきた。
弱点を克服することが目的だったらしい。
そんな彼女らは気前の良い女の子たちなのだが、バカは禁句だった。
で、アサガオがバカ力と言ってしまったがために、
それを止めるためツバキが代理で決闘を申し込むことに。
ツバキとしてはドクダミと戦えるのは嫌じゃなかったみたいですね。
けれど、彼女らは来ない。
彼女らの弱点は方向音痴だった。
秘術を編み出したということだったわけですが、まさかの棒が倒れた方に行くというね。
よくイノシシを狩って戻ってこれたなw

恋に恋するユカリちゃん


桜の季節。
恋の季節。
けれど、ユカリちゃんは相変わらずな三人での時間。
それもまた素敵なことだけども、たまにはというところですね。
西片くんが高木さんをこっそり見てましたね。
高木さん相手だとバレてそうですが。

マネチとソワレ


妥協をしないからこその公開オーディション。
先手はジン。
初手から観客を魅了してましたね。
ただ、マコトが見ていたのは全く別のところ。
何を見ていたんだろう?
しかし、世良のクリスマスプレゼントがすごいな^^;
100万円を現金でってw
マコトは何に使ったのか気になる^^;

からかい上手の高木さん


校舎内での放課後デート。
真野ちゃんが可愛かったですねぇ。
運勢が抜群にいい日の勝負。
引きは本当に強かったですね。
ただ、そこからが高木さんの真骨頂。
というわけで、運がいくら良くても西片くんは高木さんには勝てず。
2期は7月からになったようですね。

放課後さいころ倶楽部


文化祭を終えて生徒会からハコモノとしてはトップとなったとの報告が。
あれだけ凝っていて、それでいてわかりやすく楽しめるもので
トップになれなかったらおかしいわな^^;
そして、ミドリの将来についても。
アメリカ留学を決めたらしい。
ジョージからのお誘いがあったようですね。
日本にいながらでも、と彼は言ったようですが、ミドリ自身がそれではダメだと考えたらしい。
そんな中でゲームを使って盗み聞きしてしまったカンナに自分の想いを伝えたりも。
ただ、それでも最後の年にも何か大きなことはしてほしいところですね。
ミドリがジョージと何を話していたかはわかったわけですが、
他の面々がどんな雰囲気だったかはわからずだったので、少し寂しかったですねぇ。

MIX


春夏と走一郎との関係はどういうものなのやらね。
お母さんいわく脈が無いとそうはならないらしい。
ただ、どうしようもないダメな男という可能性も捨てきれないみたいですが^^;
春夏相手だとダメな男なところが出がちな印象があるけどね。
何があったのやら。
今の投馬がある理由だったりも話されたりも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッサン 2019年 05月号 [雑誌]
価格:579円(税込、送料無料) (2019/4/11時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad