edit

初めて恋をした日に読む話 #10 最終回

『嵐の合格発表 全ての初恋の大結末!君と出逢えた奇跡!!』
体調不良の受験生を助けようとして、事故にあったのな。
怪我はわかるのは骨折だけ。
頭を軽く打ったことが心配ではあったが、
二日目が終わり由利が病院に向かっていたところで春見は目を覚ました。

タイミングを合わせるかのように目を覚ましたのに、
会わないというね。
互いに相手を心配していたのに。

選択とはどちらかを捨てること。
捨てるとかそういうことじゃなかったしなぁ。
そばにいたからといって何かが出来るわけでもないしね。
八雲だって何かをしていたわけじゃないし。
むしろ、仕事をダメにしてエリートコースから外れることになったようですしね。
ただ、春見が嘘をついたことを知ったときには珍しくちゃんと言ってましたね。
それが最初から出来ていれば少し違っていたのかな?

入院騒動で松岡と西大井は互いに嘘をついていたことを知って、
その後は婚約へとなったようですが。
上手くいくのだろうか?^^;

大人としての選択。
現実を見ての選択。

互いに線を引いて最後を踏み込まず、踏み込ませなかった。
それでも由利は山下から本当のところを知って踏み込んでいった。
けれど、春見の方は相変わらず引いてしまう。
怖さから。
それが正しいのだと自分に言い聞かせることで。

変な大人になりたい。
先生みたいな大人に。

そんな話を春見は忘れていた。
自分は解答を間違えていたと気づいた。

大学まで行くのな。
しかも、講義終わりに乱入。
変な大人だねぇ。
そして、そんな変な大人と大勢の前でキスをする。
十分変な大人になれるでしょうね。

互いの気持ちがこれからも変わらないでいてほしいものですね。
普通に収まらず、変なままで。

春見順子:深田恭子
八雲雅志:永山絢斗
由利匡平:横浜流星
山下一真:中村倫也
勅使河原勉:髙橋洋
西大井司:浜中文一
江藤美香:吉川愛
エンドー:永田崇人
ナラ:堀家一希
カブ:櫻井圭佑
木佐:若林拓也
今井桃:加藤小夏
田島さくら:黒崎レイナ
春見正:石丸謙二郎
由利菖次郎:鶴見辰吾
松岡美和:安達祐実
ゴリさん:皆川猿時
梅岡道真:生瀬勝久
春見しのぶ:檀ふみ

トラックバック

TB*URL

初めて恋をした日に読む話 第10話

初めて恋をした日に読む話の第10話を見ました。 二次試験に向かう匡平は美和からの電話で順子が交通事故に遭ったことを知り動揺するも、目の前の試験を選んで受験に挑む。 一方、雅志は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へと急いだことで左遷させられてしまう。 目を覚ました順子はそのことを知り、変わらずそばにいてくれることがどんなに大切なことか...

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第10話(最終話)

内容東大受験の初日が終わった匡平(横浜流星)は、順子(深田恭子)が交通事故にあったと知る。病院に駆けつけたかったが、雅志(永山絢斗)から。。。。。敬称略脚本は、吉澤智子さん演出は、福田亮介さんいやぁ。。。なんていうか。。。もの凄くモヤモヤする(笑)正直、結末が、どうなろうが、そこは、どうでも良いのだ。あまりにも展開が遅すぎて、ずっとイライラしてしまった。そしてそのイライラの原因は複数。恋と受...

初めて恋をした日に読む話 (第10話/最終回・2019/3/19) 感想

TBS系・火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(公式) 第10話/最終回『嵐の合格発表全ての初恋の大結末!君と出逢えた奇跡!!』の感想。 なお、原作の漫画、持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)は未読。 匡平(横浜流星)の2次試験当日、交通事故に遭った順子(深田恭子)。これまでの順子の教えを思い返して、病院へ行かず試験に臨んだ匡平は、強い意志を...

初めて恋をした日に読む話 最終話

匡平(横浜流星)の東大二次試験当日、順子(深田恭子)が交通事故に遭ってしまいました。 雅志(永山絢斗)は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して、順子の元へ・・・ 匡平は美和(安達祐実)から連絡をもらい、激しく動揺しますが、目の前の試験を受ける道を選ぶのでした。 匡平が東大に行くのは、順子の夢でもあったので・・・ しかし、匡平は受験のために...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad