edit

ヤングガンガン 2019年 No.6

今号のヤングガンガン

マリア先生は妹ガチ勢!


休載

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン


新章開幕。
ゴブリンスレイヤーが狙うのは常にゴブリン。
そして、今回は先に入った冒険者が壊滅。
生き残った女性たちはゴブリンたちの遊び道具となっていた。
ゴブリンたちの数は減っていたが、数の不利はある。
そのため一撃で仕留められるかわからないホブは後回しで周りから。
ゴブリンスレイヤーの一撃はホブを死に至らしめたと思ったが、
そうはならなかった。
まだ未熟というか、殺すための知識がまだまだ不十分な頃なんでしょうね。
それでも使えるものを使っての勝利。
女性たちを連れ帰る前に殺された冒険者の認識票の回収を。
その中で見つけた宝石のついた指輪。
何かが燃え続けているそれが何かをもたらすことになるみたいですね。

異世界食堂


先代の奥さんで異世界の住人だったヨミ。
彼女が今の時代の異世界食堂に。
日本で生きていくことを決め、跡を継いだ孫に全てを任せるために。
合鍵ではなくマスターキーは異世界食堂を終わらせる力があるらしい。
それを今の店主に。
店主は今後、決断しなければいけない日が来るのでしょうかね?
それとも、また新しい世代へと繋いでいけることになるのか。
気になるところですね。

RDB -レッドデータブック-


ケントはSPたちを守りつつ戦うことに。
その争いを終わらせたのが龍神。
伯爵の狙いはとっておきの一人である龍神だったみたいですね。
ケントがそれを出さざるを得ない、出ざるを得ない状況になるのを待っていたようで。
モルグの動きにまで注意を払える状況なのかな?

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!


マサトが浮かべた状況を打開するための方法。
それにはキレイすぎるエルクでは無理。
それならと浮かべたのは一人の少女。
そして、その少女は自分から動ける少女だった。
というわけで、マサトは自分の助けがいずれ必要になるだろうと考えていたわけですが、
ルーが動いたことでその必要はなくなるかもしれないかな?
エルクとルーというマサトが直接教えた二人がいい塩梅で互いの不足している部分を
補い合うことになるようですね。

ナイツ&マジック


人と人との争いへ。
隣国の窮地を救うための出撃。
エルの挨拶が軽いなぁw
クシェペルカは国境線を守るために戦力を集めた。
けれど、それを待っていたジャロウデクは空から王都へ。
クシェペルカ陥落。
国王はエレオノーラを逃がすために残って最後まで戦うことを決める。

八雲さんは餌づけがしたい。


両親との思い出を思い出しながらの料理。
八雲さんの家の肉じゃがは普通の肉じゃがとは違ったらしい。
ヤマトも気に入る料理で両親が褒められたみたいで八雲さんも嬉しくなったり。
その残り汁でうどんを作ってテスト勉強を頑張るヤマトに差し入れをしたりも。
ちなみにお父さんの料理はどうなったんだろうかね?

兄の嫁と暮らしています。


シノはノゾミのテンションを面倒に感じる部分があるかもしれないけど、
シノはシノで反応がなかったら面倒だねw
まぁ、アキコのノリを真似るのも難しいのはわかるけど、
いいところは学んでいくのも大事でしょうね、きっと。

MURCIELAGO-ムルシエラゴ-


クロコは相変わらずキレイな女性が優先でしたねw
ひな子たちの極秘任務はどうなるのかな?
麻薬犬がひな子に懐いたのが気になるところですね。
そういうこと、ということなんでしょうかね。
そして、団長の私物から麻薬が。
催眠術の心得も彼にはある。
ただ、話の感じだと彼も操られてる一人、ということなんだろうか?
そんな団長は喜劇作家について、復活したそれは彼の知るところの
喜劇作家ではないみたいですね。
そんなことをするわけがない、と。
一体どういう存在なのやら?

ラララ


ケイスケの変化。
それが両親の離婚に。
いい子になろうと色々と始めたら、母親が何を求めていたのかがわかってくるように。
そして、何を言っているのかわからなくなっていくように。
離婚してよかったのでしょうね。
幸せそうだもんなぁ。
というわけで、アイからのお年玉。
渡す条件に関してはシロウのあと付けだったようですが、
シロウの言葉がケイスケをさらに前に向かせることになったでしょうね。
しかし、大丈夫か、ってアイが言うのかよw
離婚という単語だけ聞くと悪い印象を抱くところですけど、
それに関わった人たちの笑顔を見れば悪いことじゃなかった、というのがよくわかりますからね。
来年はアイにも本当に参加してほしいなw

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 ~紋章を継ぐ者達へ~


休載



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.