edit

仮面ライダージオウ #24

『ベスト・フレンド2121』
夢の中でアナザーキカイの攻略法を探るソウゴ。
そして、彼がたどり着いたのはパスワードだった。
機械にはパスワードがあるもの。
そのパスワードはレントが守っていた子供たちが握っていた。
彼らの合言葉。
レントが伝えてくれた言葉がそれだった。
そして、それはソウゴが子供の頃に遊んでいた友達のロボットに書かれていた言葉によく似ていた。

ソウゴはゲイツと白ウォズ、助けを求めたオーラとともに
アナザーキカイとなったウールを待ち構える。
オーラが時間を止めている間にソウゴはパスワードを使うもエラーが出てしまう。
その状況に駆けつけたのはツクヨミだった。
彼女はロボットに書かれていた言葉をゲイツに伝える。

けれど、そこで再びオーラは時間を止める。
自らがウォッチを手にするために。
彼女はウールを助けたかったわけではなかった。
最初からウォッチを手にし、傀儡とするためにスウォルツと手を組んでいた。

が、その未来はソウゴがなかったことに。
ゲイツがしなければその未来が訪れる。
そして、ツクヨミが殺される未来が。
そうならないためにゲイツは動いた。

そして、キカイのウォッチを白ウォズが手にすることとなり、
ウールはアナザーキカイから解き放たれることとなる。

今回の騒動からツクヨミが考えたのはソウゴが見ているのは予知夢ではなく、
自分が思い描いた夢が未来となる未来の創造ではないか、と。

そして、そんなツクヨミとゲイツの前に白ウォズが。
三つ揃った未来の仮面ライダーたちのウォッチ。
そこから作り出されたゲイツが救世主となるためのウォッチ。
ゲイツはどうするのでしょうね。

一方でスウォルツはアナザージオウのウォッチを手にしていた。

ツクヨミの考えが正しいのなら、それはそれでおかしな話ではあるけどもね。
自分を止めるための力を自分で用意している、ということになるわけですからね。

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ:奥野壮
明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ:押田岳
ツクヨミ:大幡しえり
ウォズ:渡邊圭祐
ウール:板垣李光人
オーラ:紺野彩夏
スウォルツ:兼崎健太郎
常磐順一郎:生瀬勝久

トラックバック

TB*URL

仮面ライダージオウ EP24「ベスト・フレンド2121」

仮面ライダージオウの第24話を見ました。 EP24 ベスト・フレンド2121 スウォルツがウールをアナザーキカイにしたことで、ソウゴはキカイウォッチを狙うゲイツ、ツクヨミと完全に袂を別つことになってしまった。 「あのアナザーライダー倒せる?」 「ジオウの夢が手掛かりになるはずだ」 「彼に頼ってどうするの!?私達がキカイのウォッチを手に入れる。そうすれば、白ウォズの言...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad