edit

週刊少年ジャンプ 2019年 No.10

今週の週刊少年ジャンプ

Dr.STONE


パン作りのために目覚めさせるのは単なるシェフではなく、
リュウスイの執事兼シェフだった人物。
ただ、復活液は失われている。
新たに作り出すには時間がかかる。
けれど、リュウスイにはすぐにどうこう出来る考えがあった。
選定者であったミナミであれば、一人分くらいくすねることは出来ただろう、と。
後はゲンが出まかせで気持ちを動かせて籠絡。
彼女は何を作ってもらうことになるのかな?
というわけで、リュウスイの執事の目覚め。
状況把握であったり、センクウの価値だったりと、判断が素早いですね。
その上で求められた最高の形でパンを作り上げた。
村の人たちにとっては本当に衝撃的な味だったでしょうね。
というわけで、保存食も完成。
後はどうするのかな?

ぼくたちは勉強ができない


教育者になるために教育大学へ。
VIP推薦はほぼ決まっていたらしい。
でも、その条件となると無理だったらしく、諦めるしかなかった。
で、アルバイトで学費を稼ぐ日々。
それと同時に勉強を教えてもらう三人はもう教えてもらえないのだと気づく。
ウルカが重症でしたね^^;
止めていたフミノもなんだかんだで似たところがあったり、リズは一人で後でこっそりと。
でもまぁ、ナリユキはこれからも変わらずだと知ることとなる。
勉強を教えることで彼の成績も上がっていたから。
ナリユキの三人に負けないように、という気持ちは三人にもいい刺激になるでしょうね。

ONE PIECE


ジェルマの力を借りることを選んだサンジ。
守るための力があるのなら、自分のあれこれにこだわるべきじゃない、と。
ただまぁ、いろいろと不満に思う部分もあるようですが、
その力はサンジが夢を見、諦めた透明人間だった。
なんでその力をサンジに渡したw
ていうか、ローが詳しすぎるのにビックリだよw
ウソップとフランキーに今後デザインの変更を頼むみたいだし、
どう変わるのかも楽しみですね。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad