edit

メゾン・ド・ポリス #03

『青い死体の秘密!!』
取り壊しが決まっている建物で暮らす猫。
その猫が殺され、青いペンキがかけられるという事件が続いていた。
それを捜査するように牧野は言われるが、
迫田たちはもっと大きい事件をもってこいと乗り気ではなかった。
が、そこに地元紙の編集をしている女性が来たことで、彼らは調べ始める。
そして、人間の遺体を発見することとなる。

殺した犯人は富士山の流れからで察しましたが、
殺意があったわけではないんですね。
後悔もしていた。
一方で猫を殺していた犯人の方は何一つ悪いと思っていなかった。
一人で解決しようとした牧野を夏目たちが駆けつけ助けることに。

キレイな人に甘いオジサマたちではあるものの、
後輩刑事には厳しさはあるものの、わかりにくい甘さはしっかりとあるようですね。

ただ、一方で彼らの隠し事も。
伊達はわかっていて牧野を呼び寄せていたようですが、
藤堂も父親のことを知っていたみたいですね。
今回の事件で重要参考人んとなり、牧野の情報を見たことで気づいたらしい。
伊達は気づいた時に牧野がどうするのかを見てから決めたい、とのこと。
自殺ではないと信じて疑わない牧野の父親の死。
そこには何があるのやらね。

牧野ひより:高畑充希
夏目惣一郎:西島秀俊
杉岡沙耶:西田尚美
瀬川草介:竜星涼
原田照之:木村了
新木幸司:戸田昌宏
高平厚彦:小日向文世
藤堂雅人:野口五郎
迫田保:角野卓造
伊達有嗣:近藤正臣

トラックバック

TB*URL

メゾン・ド・ポリス 第3話

東京・柳町北署管内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生します。 猫の死体には青いペンキはかけられていて、青猫事件と呼ばれていました。 ひより(高畑充希)は刑事課長・新木(戸田昌宏)から、事件の捜査をメゾン・ド・ポリスに回すように指示されます。 しかし、ひよりから事件のあらましを聞かされたおじさんたちは、まったくやる気を見せません。 そこへ、区の広...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.