edit

盾の勇者の成り上がり #02

『奴隷の少女』
ナオフミが買った奴隷の少女。
病気と精神的なもの、以前の主人の仕打ちも相まって売れなかった彼女の名前はラフタリア。
奴隷は人ではなくモノ。
育てるだけだと、自分の代わりに戦わせる存在としてナオフミは選んだ。

そんな彼女に戦わせるために装備を整え、空腹も満たした。
モノだとは言いつつ、ナオフミがしていることは、
ラフタリアにとってはそれまでの生活とは雲泥の差だった。

同行者登録なんていう初歩的なことすら教えられていなかったことを知ったりも。

そして、休息の時に聞いた彼の正体。
亜人である彼女にとっての真の勇者は盾だった。
以前の勇者の中で盾の勇者だけが亜人も人として接していたから。

最初の波で彼女の両親は殺された。
その魔物に対する恐怖が彼女を毎夜泣かせていた。
ナオフミは彼女を守るように抱きかかえ安心させた。

そんな二人は別の場所でお金を稼ぐことに。
波以降、強力な魔物が住み着いた炭坑へ。
そこにいた魔物はラフタリアの両親の命を奪った魔物によく似たものだった。
恐怖から動けないでいるラフタリアにナオフミは戦えないのなら逃げろ。
どちらも死ぬだけだと。
ナオフミを失ってしまうかもしれない状況が恐怖を乗り越えさせた。

ラフタリアの心を救ったナオフミ。
それは巡り巡って彼の心も救うことへと繋がっていくことに。

最初からモノ扱い出来てませんでしたからね。
戦うための術として育ててはいたし、守るしか出来ないからしていたこと。
とはいえ、それ以上のこともしてましたからねぇ。

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
フィーロ:日高里菜
天木錬:松岡禎丞
北村元康:高橋信
川澄樹:山谷祥生
メルティ:内田真礼

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.