edit

仮面ライダージオウ #16

『フォーエバー・キング2018』
ジクウドライバーを捨てればいい。
未来の自分の言葉にソウゴは従うことを選んだ。
世界を救いたいという想いで王様になりたいと思った。
なのに、実際は世界を滅ぼそうとしている。
そんな未来ならば、とソウゴはゲイツにジクウドライバーを壊すよう頼んだ。
ゲイツの方が迷うというね。
それでもそれはなされた。

ゲイツたちとの別れ。

けれど、タイムジャッカーはそれで満足はしなかった。
ソウゴの息の根を止めるために機能が停止したカッシーンを利用した。
ソウゴの危機にゲイツたちは駆けつけた。
そこで見たのは逃げ遅れた子供を守るために命をかけていたソウゴだった。

ゲイツはソウゴを守るための戦いを始める。
危機の中でゲイツはソウゴにジクウドライバーを託した。
自分が止めてやる、と。

ジオウ再誕。
脚立のウォズは笑うわw

というわけで、ウォズが持っていたジクウドライバーを奪ったウールから奪い、
それをゲイツに渡し共闘。
士は状況が不利になり早々に去っていく。
自分の目的のためにはソウゴがジオウでないとダメだったようですけど、
何をしようとしていたのかな?

オーマジオウは復活。
そして、より強い意志を持ったソウゴはウォズの思惑通りの動きだった。
ただ、変わりつつある未来はウォズをも変えたようですね。
二人の仮面ライダーが新たに登場。
そのうちの一人が別のウォズというね。
これは面白い展開ですねぇ。
どういう立場になるのでしょうね。

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ:奥野壮
明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ:押田岳
ツクヨミ:大幡しえり
ウォズ:渡邊圭祐
ウール:板垣李光人
オーラ:紺野彩夏
スウォルツ:兼崎健太郎
常磐順一郎:生瀬勝久

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.