edit

ソードアート・オンライン アリシゼーション #10

『禁忌目録』
本当にただただ不快ですよねぇ。
映像だからこそ、原作で読んでいたよりも不快さが際立った。

彼らたちがしたルールの穴をつくやり方。
貴族という立場を利用した上位者による強制力。
そのルールによってライオスは死を迎えることとなる。
自分の命と禁忌目録の狭間で身動きが取れなくなり、
彼はシステムエラーを起こして死を迎えた。
現実世界で比嘉が実験として見せた状態に近いものがありましたね。

一方で貴族の言葉によって動けなくなるユージオ。
彼の右目にはかつてアリスが連れ去られた時に出たシステムアラートが。
幼い頃の彼にはそれに抗うだけの自分の中にある確固たる想い力がなかった。
けれど、キリトとの再びの日々の中で学んだことが彼の力となる。
システムによる制約をユージオは吹き飛ばした。
それと同時に吹き飛んだ右目は後日、アズリカが癒やしてくれた。
彼女もまたシステムアラートを見たことがあった。
それを彼女は解くことは出来なかった。
それが出来たユージオなら、何かを為せるはずだと。
友を信じて進め、と送り出す。
そして、キリトには最後まで素性がわからなかった。
そんなキリトが何かを変えることになるだろうと彼女は感じていた。

アズリカに送り出された二人が向かった先にいたのは、
整合騎士となったアリスだった。

2クール目の主題歌の一人はガンゲイル・オンラインで神埼エルザの歌を担当していた
ReoNaさんになったんですね。
声が好きだったので映像と組み合わさった時にどんな感じになってるのか楽しみですねぇ。

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島崎信長
セルカ:前田佳織里
ロニエ・アラベル:近藤玲奈
ティーゼ・シュトリーネン:石原夏織
神代凛子:小林沙苗
菊岡誠二郎:森川智之
ライオス・アンティノス:岩瀬周平
ウンベール・ジーゼック:木島隆一
ソルティリーナ・セルルト:潘めぐみ
ウォロ・リーバンテイン:村田太志

トラックバック

TB*URL

アニメ感想 18/12/08(土) #色づく世界の明日から 第10話、#ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話

色づく世界の明日から 第10話『モノクロのクレヨン』今回は・・・絵の中に入る話でした。そういえば、瞳美は以前にも一度入ってますよね。リディースールのアトリエやマリオ64みたいですね。絵の中に居る小さな瞳美はなんか病んでますね。色が見えないことと関係あるのでしょうか。なるほど、瞳美のお母さんは魔法が使えなかったのか。それなのに自分は使えたから、お母さんが出ていったと。そんなことがあったんですね...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.