edit

僕らは奇跡でできている #07

『カメは昔、ウサギだった』
今回は虹一くんとお母さんのすれ違っていた想いが向き合うことに。
頭が痛くなる、というのは光の感受性が強くて、というものだったんですね。
したくない理由にしていたわけではなかった。
一晩距離を置き、相河の考えを聞く中で、そういうことに気づけるように。

相河がウサギだった時期。
小学生の頃はバカにされるようなこともあった。
けれど、理科だけは好きだった。
中学に入って理科クラブに入り、初めて褒められた。
すごいと言われることが嬉しくて頑張った。
そしたら、楽しくなくなってしまった。
そんなときにお祖父さんから言われたのは、
やりたければやればいい。
やりたくなければやらなくていい。
その言葉に楽になり、また楽しめるようになった。

100個のすごいところ。
誰でも出来ることが出来る、というのはすごくないわけじゃない。
虹一くんもお母さんのすごいところを伝えたみたいですね。
相河に100個のすごいところを言われた育実は料理教室を辞めることを決めたりも。

青山たちは相河にゼミを、と鮫島に話をした。
鳥の飛ぶ、飛べない、飛ばないから尾崎の言う、言わない、ということに話になったりも。
相河は先送りに、ということにしたようですけど、どうするのでしょうね。

そして、相河から山田さんへの問い。
それとタコが関係してくるのか?
次回はタコ嫌いについての話になってくるようですけど。

相河一輝:高橋一生
水本育実:榮倉奈々
樫野木聡:要潤
沼袋順平:児嶋一哉
新庄龍太郎:西畑大吾
青山琴音:矢作穂香
尾崎桜:北香那
須田巧:広田亮平
相河義高:田中泯
丹沢あかり:トリンドル玲奈
熊野久志:阿南健治
山田妙子:戸田恵子
鮫島瞬:小林薫

トラックバック

TB*URL

【僕らは奇跡でできている】第7話 「カメは昔、ウサギだった」感想

…私は、ウサギです。自分はすごいって証明したいんですよ。ほんとは自信がないから。どうしたら自分と仲良くなれるんですか?【僕らは奇跡でできている …

僕らは奇跡でできている 「カメは昔、ウサギだった」

リスが吊橋を渡った証拠画像を、喜んでみんなに見せて回る一輝(高橋一生)。ゼミも人気ですそんな、ある日、勉強をさぼって、母・涼子(松本若菜)に画帳と色鉛筆を取り上げられた虹一(川口和空)は、腹痛を訴えて学校を休んだ揚げ句、一輝の家に脱走。一輝、虹一の家に説明にいったのですが、お留守。脱走に気づいたお母さん、一輝と連絡の取れる育実(榮倉奈々)を頼りにします。そして、一同が集まり、語られる、一輝の...

僕らは奇跡でできている (第7話・2018/11/20) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕らは奇跡でできている』(公式) 第7話『カメは昔、ウサギだった』の感想。 学生に一輝(高橋一生)のゼミを要望され喜ぶ鮫島(小林薫)だが、樫野木(要潤)は複雑な心境。一方、勉強をさぼって涼子(松本若菜)に画帳と色鉛筆を取り上げられた虹一(川口和空)は、腹痛を訴えて学校を休んだ揚げ句、黙って家を抜け出して大学に行き、一輝に...

僕らは奇跡でできている 第7話

ある日、仮病で学校を休んだ虹一(川口和空)が、家を抜け出して大学に居る一輝(高橋一生)を訪ねて来ます。 母・涼子(松本若菜)にずる休みがバレて、大切なスケッチブックを取り上げられてしまったのでした。 一輝は、「家に居たくない」と言う虹一を家に連れ帰り、家族以外は入ったことがない自室へ招き入れます。 虹一の居場所を伝えるために、一輝は虹一の自宅や育実(榮倉奈々)のクリニックを...

僕らは奇跡でできている 第7話

「カメは昔、ウサギだった」内容樫野木(要潤)育実(榮倉奈々)の協力で、リスが橋を渡り、一輝(高橋一生)は、大喜びする。そのことを鮫島(小林薫)に報告したところ、ゼミをやってみないかと言われる。学生達の評判が良いと言うことだった。ただ一輝は決定を先送りにしてもらう。その後、虹一(川口和空)にも、そのことを伝えたところ。虹一は、スケッチブックを一輝に見せてくれる。しかし、塾を休んだことが、母・涼...

僕らは奇跡でできている 第7話

第7話 JUGEMテーマ:ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad