edit

ソードアート・オンライン アリシゼーション #06

『アリシゼーション計画』
キリトが関わった菊岡を中心としたラースの計画が語られる。

キリトが受けたダメージは脳を現代の技術ではどうしようもないほど壊していた。
そんなキリトを救う唯一の方法はフルスペックSTLによる時間をかけた治療だった。
そして、ラースが行っていたアンダーワールドでの実験によって得ようとしていたのは、
ボトムアップ型のAIを作り出すことだった。

菊岡が神代を必要とした理由はAIと人の魂のコピーに大きな隔たりがあったためだった。
その理由を説明するために実践した。
比嘉と比嘉のコピーを喋らせ、コピーにコピーであると伝えた。
するとコピーは崩壊していった。

それならと彼らが行ったのは自我が目覚める前の人の魂をコピーして一から生み出すことだった。
そうして作られたのが実験場となるアンダーワールド。
作られたAIは軍事利用が目的だった。
戦争で人が死なせないために。

けれど、菊岡はキリトにしなかったことをアスナは突きつける。
彼にはそれを話さなかった、と。
キリトであるならAIにもまた命があると考えるから。

そんなアンダーワールドでの多くの人たちの中で例外が生まれた。
キリトに影響され、本来破ることの出来ない禁忌目録を破った人工フラクトライトがいた。
アリスの行動が菊岡たちが求める人工フラクトライトだった。
そして、研究の根源にあった名称もまたALICEだった。

アスナは菊岡から聞かされたことをALOでシノンたちに伝えた。
まだ隠していることがあるのか、信じていいのか、と思うところはあるものの、
治療法がそれしかないのなら、と信じるしかなかった。

そして、アスナは眠ったままのキリトのもとへ。
死銃事件でもキリトのモニタリングをしていた安岐が今回も世話をしていた。
彼女は身分を偽装していたわけではなく、出身の関係からだった。
遠くからしか見ることが出来なかったアスナ。
そんな彼女に神代は自分と茅場のことを語った。

二人の出会い。
SAO事件が起こった時に神代がしようとして出来なかったことを。
茅場が自分のために用意した爆弾という唯一のプレゼントのことも。

しかしまぁ、アスナだから話せたのはわかるんだけど、
おかしな状況ではありましたよね。

というわけで、アンダーワールドの成り立ちが語られ、
次回からは再びアンダーワールドのキリトとユージオの物語へ。

キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島崎信長

トラックバック

TB*URL

アニメ感想 18/11/10(土) #色づく世界の明日から 第6話、#ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話

色づく世界の明日から 第6話『金色のサカナ』今回は・・・みんなで撮影会ですか。衣装着ててみんな可愛いです。何やら瞳美が絵の中に入った?これも魔法の一種らしいですけど。無意識の内に勝手に魔法が発動するのも厄介ですね。最後の唯翔が瞳美を追いかけるシーンは良かったです。見てて、心の中で行け!追いかけろって叫んでましたからね。青春してますよ。唯翔もこれでなんか吹っ切れたようですね。そして、瞳美は色が...

悪趣味で、ガキっぽい理由【アニメ SAO アリシゼーション #6】

アニメ ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話 アリシゼーション計画 キリトが攫われた理由と 設定説明回 現実アスナパート なんか凄いAI作るのに よい子のAIに悪い事教えるひゃっはープレイヤーが必要だったので ちょうど死にかけた廃プレイヤーが転がってたので VRマシンに突っ込んじゃったよ、てへぺろ♪(輝く眼鏡 何だろう、もう少し言い方とい...

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話 アリシゼーション計画 感想

キリトの治療はラースにしかない技術でないとできないのか。 ソウルトランスレータでフラクトライトを活性化して、 ニューラルネットワークの発生を促すことが出来る。 うーん、コンピュータが人間の脳をモデルに作ったという話の中で、 ニューラルネットワークという単語は聞いたことがある。 ボトムアップ型汎用人工知能の開発。 これがラースの目的。 トップダウン型とボトムアップ型がある...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.