edit

メアリと魔女の花

8月31日に放送されたものを見ました。
2017年に公開されたスタジオポノック制作による初長編作品。
テレビCMで予告が流れていた時はてっきりスタジオジブリによる新作だと思ってましたね。
その後、作品を紹介する番組をチラッと見て、スタジオポノックという別のところだと知りました。
ただまぁ、米林宏昌さんが監督であったり、
スタッフもそのほとんどがスタジオジブリ出身であることもあって、
ほとんどスタジオジブリの作品と変わらない雰囲気でしたね。

スタジオジブリの終盤の作品もそんなに惹かれるものがあったわけじゃないですけど、
これもそんな感じだったかなぁ。
話全体としては面白そうなものはあると思ったんですけど、
端々で物足りなさがあった。
原作が元々そういう感じなのか、それとも映像化するにあたって端折ったのか知らないけど、
もうちょっと描いてほしいと思う部分が多々あった。

メアリは夜間飛行で一夜限りの魔女の力を使うことが出来ていたわけですけど、
ピーターはあの後どうなったのかね?
すべての魔法が消え去ることを願ったわけですけど、
本当に全ての魔法が消えたわけじゃないし。
ピーター自身の体からは魔力はなくなったんでしょうかね。

後、エンドロールはちゃんと流してほしかったかな。
あの感じだと少し何かがあったような気がするけど、どうだったんだろう。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad