edit

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #03

『君だけがいない世界』
眠ることで意識が途切れ、人の記憶から麻衣の存在が消えていった。
麻衣が隣で眠っている、という状況で眠ることなど出来るわけもなく、
起きていたために咲太は彼女を忘れないですんだ。
そして、翌日、そうとは知らずに双葉と話をしたことで彼女がその仮説を伝えた。
彼女もまた眠っていなかったために覚えていた。

学校の空気を読むという状況が外に持ち出された結果、
学校以外でもそういう状況になったんだそうな。
でも、周りと学校内での本当に消えてしまうまでの差というのは何だったんだろう?
いないものとして扱おう、という意識が他より記憶に残る理由になったのかな?

双葉とのやり取りを聞いていた麻衣。

起き続ける咲太はゾンビのように。
そんな咲太に勉強を教えてあげると麻衣は言い、
飲み物に睡眠薬を混ぜた。
感謝と別れの気持ちを伝えて。

咲太の書いていた日記は忘れないためのものだったんですね。
でも、それだけでは何の意味もなさなかった。
けれど、それを含めたこれまでの咲太の積み重ねが麻衣の記憶を呼び戻すことになる。

空気なんて読んでやるもんか。
自分のときはどうでもいいと抗おうとしなかった。
けれど、人のためなら動くことが出来る。
咲太はそういう人らしいですね。
テスト中に飛び出し校庭から愛を叫んだ。
みんなの意識を全て自分と麻衣に向けさせることを選んだ。
そのための準備を咲太はしていたんですね。
双葉から自分で書いた自分への手紙が渡るようにしていたのな。

これから1ヶ月、愛を伝えることで2人は結ばれることになるようですが。
思春期症候群を巡る話は麻衣だけの話ではないようで。
今度は朋絵の問題になるようですね。
彼女はどんな症状なんだろう?

梓川咲太:石川界人
桜島麻衣:瀬戸麻沙美
古賀朋絵:東山奈央
双葉理央:種崎敦美
豊浜のどか:内田真礼
梓川かえで:久保ユリカ
牧之原翔子:水瀬いのり

トラックバック

TB*URL

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第3話 君だけがいない世界

第3話 君だけがいない世界 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.